会社概要

代表挨拶

代表写真hakken. 代表 増田 好子
人生は自分が描いただけの価値になる!!

大人になって、笑って暮らしてほしい。
自分の好きな仕事をしてほしい。
自分の得意なことで、人を幸せにしてほしい。
そして、
「自ら夢を叶える事で、社会に貢献してほしい。」

そんな想いでhakken.を設立しました。

1985年。
幼児さんや小学生の指導をさせていただくことから始まりました。
幼児さん対象の能力開発。
小学生対象の学習訓練。
時間をかけ、労力をかければ、それなりの成果が得られました。
しかし、そこにはいくつかの疑問がわいてきました。

当時、長男が1歳。
限りなく可能性を秘めた年齢です。
母親の私に長男の将来が、かかっていると思いました。

自分なりにプロ(若輩ですが)として、学んだことをすべて長男にしようと決心し、実践しました。
そのおかげで、長男は、2歳で数字・文字はもちろんのこと、アナログの時計さえ何時何分何秒まで読み、小学2年生では、大人が読むような文庫本を愛読していました。
しかし・・・・小学校高学年では、勉強嫌いのオタク男子にみごとに育ちました。

2つ違いの次男は、胎教から始めたにもかかわらず、
兄のようにはうまくいかず、小学校に上がるときにやっと『あいうえお』が読める程度。
幼児能力開発はあきらめ、小学校に上がってからは学習訓練に力を入れました。
しかし・・・ 次男は思うようにはやってくれません。
信じられませんでした。
プロの私です。
日々挫折感の中に、どっぷりとつかる毎日でした。

能力開発・学習訓練への疑問(未熟な自分への怒り)
① 能力開発したって、成績が上がらなかったら意味ないやん?
② 能力開発が幼児だけのものって本当なの?そんなんじゃ、大きくなった子はもう手遅れ?
③ できない子が、成績上がらなかったらそんなのうその学習法やん!!

そして・・・・
わが子を実験台にhakken.の学習法が生まれました。
結果
中1、3学期から学習をはじめた次男は、
          数学 4     数学 5
          英語 3     英語 5
          国語 3  ⇒  国語 5
          理科 3     理科 5
          社会 3     社会 5(5段階評価)
になり。地域1番高校に合格しました。

長男も、高校入学後、学年で1番を何度かとるようになりました。                                  小学生・中学生からでも能力開発ができ、できない子でも伸びていく学習法です。                                   もちろん、わが子だけでなく、たくさんのお子さまがこの方法で成績を上げています。
いつからだって、夢を持ち自分が描いた人生を歩んでいけることを、子どもたちに伝えたい。
「やればできる」が実感できる。そんなhakken.の学習法です。自信をもってお届けします。