ニュース・お知らせ無料体験学習の
ご予約はこちら

2019年10月22日

hakken.教室コラムVOL.113 海外ドラマ、映画を使った英語学習のコツ ~多読にも最適~

 

英語は楽しみながら、勉強をすることができます。

その方法のひとつが海外ドラマや映画を使った学習方法です。

海外ドラマや映画を英語音声で見ます。

字幕は日本語でも英語でも字幕なしでも構いません。

最終目標は字幕なしで見ることですが、一番大切なことは続けられることです。

そのため、自分が楽しめることが一番重要です。

英語字幕や字幕なしで自分が楽しめるならOKですが、

見ていて楽しくないなら、躊躇なく日本語字幕で見てください。

日本語字幕でも、所々、聞き取れる英語があるはずです。

その経験の連続が英語を聞き取れるようにしてくれます。

 

見ているだけでも多量に見ることができれば、リスニング力はついてきます。

ただし、時間がかかることは否めません。

そこで、おすすめなのは、ドラマや映画を見た後に英語の台本を読むことです。

インターネットで調べると、ある程度有名なものであれば、

英語の台本を無料で手に入れることができます。

例えば、トイストーリーの台本が欲しい場合は、「toy story script」と検索してみてください。

台本が載っているサイトがいくつか出てくるはずです。

その中で、自分が見やすいサイトをブックマークして、読んでみてください。

スマートフォンなどの端末上で読めば、わからない単語も調べやすいので便利です。

誰のセリフかを書いてあるものがおすすめです。

映画を見た後であれば、場面を想像しながら読むことができるので、

想像以上に読みやすいはずです。

また、ドラマや映画のほとんどは会話なので、

洋書を読むよりもはるかに文章はやさしく、

また英語を話せるようになりたいと思ったときにとても実用的です。

映画の場面を想像しながら会話表現を覚えれば、

覚えた表現も使いやすくなります。

さらに映像を見ている分印象にも残りやすいので、

表現や単語も覚えやすいです。

もちろん多読用の教材としてもおすすめです。

 

そして、台本を読んだあとにもう一度映画を見れば、

驚くほど聞き取れるようになっていることを実感できると思います。

また、ほかのドラマや映画を見たときにも

同じような表現がたくさん出てきていることにも気づくと思います。

この方法を続けていくと、

ただ見続けるよりもはるかに速いスピードで、

ドラマや映画を字幕なしで見ることができるようになります。

シリーズもののドラマや映画であれば、

同じセリフや単語が出てくる場合も多いので、

第1話の台本を読むと第2話以降の内容が英語でもかなり理解しやすくなります。

 

始めに台本を読むドラマや映画でおすすめなものは、ディズニー作品です。

もちろん好きなドラマや、映画が一番ですが、

ディズニーは世界中の子どもにもわかりやすいように作られているため、

会話の表現も丁寧ですし、発音もきれいで聞き取りやすいです。

 

アニメもおすすめです。

外国のアニメはもちろん、

日本のアニメでもインターネットで調べると英語の動画が出てきます。

また、30分程度の内容が多いので、台本の量も少なく読みやすいと思います。

ただし、アニメの場合は台本がドラマや映画よりは見つかりにくい点は注意が必要です。

 

まずは、繰り返し見ているものや、大好きなもので台本を探してみてください。

そして、1行でもいいので読んでください。

1行2行と読み続けていけば、

英語を読む楽しさ、英語でドラマや映画をみる楽しさを感じることができるはずです。

次のページ »