教室コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2017年9月29日

hakken.教室コラムVOL.14 満面の笑み

 

小学5年生のSさんに

「算数の単元テストの結果どうだった?」と聞くと

「1問間違いで95点でした」と、満面の笑みでした。

 

実はこのSさん

hakken.に来るまでは算数は大の苦手で、

小学校のテストでは60点、~70点、苦手な単元だと50点台という結果の生徒でした。

入塾当時、一番不足していた力は、計算力でした。

そのため、計算については学校の内容に合わせずに、

足し算や引き算、かけ算、わり算、といった基本的な計算が

スムーズにできることから始めました。

速く、正確に解けるまで繰り返しました。

算数や数学に必要な力は計算力です。

基礎的な計算力が身につけば、工夫して計算する力も必要になってきます。

こういった力を身につけるには、小学生の時期しかありません。

小学生の時期の学習時間は、とても大切な時間です。

Sさんは、まだ工夫して計算する力は完璧になっていません。

これからです。

でもあと1年もすれば、算数は今よりも得意になっていけると思っています。