教室コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2017年10月8日

hakken.教室コラムVOL.14 塾での学習

小6Mくん

算数の文章問題が苦手と言って入会していただきました。

問題文を音読し、

問題文の1文1文で問われていることを口頭で確認

そして、問題を解く

という手順で学習を進めてきした。

結果、文章問題がずいぶん解けるようになりました。

 

現在小6の3学期に習う「量の単位」を学習中です。

このプリントは、Mくんが学校で習っていない問題を

初めて解き、自力で5問解けた様子を表しています。

Mくんは、10月中には中1教材に入る予定です。

 

hakken.では、一人一人に応じて教材の難易度を決め、指導方法を変えています。

また、学年より先の学習をしている子が多数います。

プリント左上に1回目

これは初めて学習する問題です。

プリントの赤丸と青丸

赤丸は自力でできた問題

青丸は1度間違った問題かあるいは先生に教えてもらってできた問題です。

青丸の問題は、もう1度自力で解きます。(※1)

そして、次回来た時、間違った問題が定着しているかを見るため再度学習します。(※2)

 

※1 生徒が自力でできるまで学習することで、

50~80分の学習でも

ペースを落とさず学習できるhakken.の工夫の一つです。

 

※2東大生さえ、暗記と定着を重視し学習しています。

1週間前に学習したものが定着しているかどうか

確認しながら進むことが、成績UP 秘訣です。