教室コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2018年11月13日

hakken.教室コラムVOL.52 英語教育について

 

私にはこの春から幼稚園に通っている娘がいます。

英語に困らないようにしたい、英語が話せるようにしたいと考え、

2歳の時から英会話スクールに通っています。

ちなみにhakken.は小学生から受講できるので、娘はまだhakken.に通っていません。

 

娘の英語力はというと2年以上通って英語の歌などは口ずさむときはありますが、

内容がわかっているかというと疑問です。

もちろん日常の中で英語が娘の口から出ることはほとんどありません。

 

英語とふれあい、興味をもつには英会話スクールはとてもいいと思いますが、

このままで本当に英語を話せるようになるのかと疑問に思い、

どうしたら英語を話せるようになるのか考えました。

 

塾で働いているのにお恥ずかしい話ですが、

英会話、幼児教育、言語学などの本を読み漁り、

WEBで英会話スクールの内容などを比較し、

さまざまな方の英語の取り組みのブログなどを読み、

英語が得意な方、留学経験のある方、

または、英会話スクールを経営されている方など、

たくさんの方にもお話を聞いてみました。

 

正直、読めば読むほど、考えれば考えるほど、

聞けば聞くほどどれが一番いいのかわからなくなっていきました。

 

同時に塾で日々働いている自分がこんな状態なら、

多くの方も同じようなに困っているのではないかとも思いました。

 

たくさんの情報を集める中で、

方法はたくさんあり、どれがいいかはやってみないと分かりません。

しかも結果は出るのは、数年先です。

これではどうしたらいいか分かりません。

 

ただ、英語学習について調べ、考えていくうちに、共通点をいくつかみつけることができました。

 

それは、子どもが日常の中で英語を触れる機会を多くすることです。

それもただ触れるだけではなく、可能な限り、日常の生活の中に取り入れていくことです。

 

そこで、家庭でも実際に新しい取り組みを始めてみました。

読んだこと、聞いたこと、教えていただいたことなどほとんどのことを試してみました。

娘は私に似たのか、気分屋で、人の言うことをあまり聞きません。

気に入らないと見向きもしてくれません。

失敗だった取り組みもたくさんありました。

 

反対にうまくいった取り組みもいくつか出てきました。

それは、

3語程度の簡単な英語での語りかけ

簡単な英語の絵本の読み聞かせ

英語のテレビ番組を活用すること

の3つです。

 

取り組み始めて数か月ですが、日常の中で、娘が英語を話し始めました。

英語にも興味を持つようになり、自分から

「おなかがすいたって英語でなんて言うの?」など

聞いてくるようになりました。

 

まだ、覚えた文章を話しているだけではありますが、

やったことの結果が少し出てうれしく思いました。

そしてなにより娘がうれしそうに英語を口ずさむ姿をみて、

とてもうれしくなりました。

 

娘のお気に入りのテレ番組は「おさるのジョージ」です。

「ボンゴ、ジョージ、ボンゴ」という回が特に好きで、一時期は毎日見ていました。

テレビの声に合わせてセリフを真似したりもするようになりました。

 

娘と取り組む中で何をするにしても

親が一緒になって取り組むことが、一番効果があるということにも気付かされました。

 

そして、なにより子どもが英語を話せるようになるための、

一番の近道は自分が英語を話すこと、話せるようになればいいとも考えるようになりました。

 

自分が話せるようになる過程を経験すれば、

人にそれを伝えることができるようになるはずです。

そこで、

NHKラジオ英会話

オンライン英会話

英字新聞

の3つを始めることにしました。

語彙力が増え、英語で表現できることが増えてきました。

 

今、親子留学にも興味を持っています。

もう少し娘が大きくなったら一度娘と留学してみたいと考えています。

今後、自分と娘で、英語について様々な取り組みをしていこうと考えています。

 

そして、試してうまくいったこと、英語が身に付いた方法は、

塾にも取り入れていきたいと考えています。

同じように悩まれている方の助けに、少しでもなれればと思います。

 

くわなニュータウン校 校長 矢野力