教室コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2019年1月5日

hakken.教室コラムVOL.68 オンライン英会話を受講して2~講師~

 

現在、オンライン英会話を週3回×25分受講しています。

今後受講を検討される方の参考に、受講して分かったことをお伝えできればと思います。

 

 

オンライン英会話で講師の方は

日本人講師、ネイティブの講師、フィリピン人講師の3パターンに分けられます。

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

 

日本人講師

良い点

日本語が話せるので、困ったときに日本語が使える。

英語を習得して話せるようになっているので、つまずきやすいポイントが分かる。

 

悪い点

英語力が講師によってばらつきがある。

費用が高い

 

 

ネイティブの講師

良い点

ネイティブの発音、言い回しを学習できる。

高い英語力。

 

悪い点

費用が高い

英語を自然に習得しているので、つまずきやすいポイントが分からない場合がある

 

 

フィリピン人講師

良い点

英語を習得して話せるようになっているので、つまずきやすいポイントが分かる。

2013年の調査で

78ヶ国137,000人の非ネイティブの英会話者を対象にした

ビジネス英語力世界ランキングでフィリピンが1位。

費用が安い

 

悪い点

講師によっては訛りがある。

 

それぞれ特徴がありますが、

講師を選ぶ際に日本人、ネイティブ、フィリピン人のどれであるかは、

あまり重要ではないように思います。

強いて言えば、初心者は日本人、もしくは日本語が話せる外国人であると安心かもしれません。

 

講師を選ぶ場合で重要なポイントとしては

英語指導経験がある

指導資格を持っている

指導研修をしっかり受けている

のどれかを満たしていることだと思います。

 

オンライン英会話の講師と言っても、レベルは千差万別です。

外国人だからというだけでオンライン英会話の講師をしている場合もあります。

話せることと教えることは別物です。

英語を上達させるためには、

英語で会話をするだけでなく、

発音や表現などしっかり指摘してもらうことが大切です。

 

またオンライン英会話は

講師の自宅、もしくは講師が出勤するオフィスとオンラインで接続をします。

回線の安定性と講師の質を考えた場合にオフィスとオンラインで接続する会社がおすすめです。

 

くわなニュータウン校 矢野力