教室コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2019年10月11日

hakken.教室コラムVOL.111 お子さまと一緒に楽しく英語の学び直しをしてみませんか。

みなさんは英語で外国人の方と話すことに自信を持っていますか。

英語を話せるようになりたいと思っている方はとても多いと思います。

しかし一方で英語が嫌い、苦手意識がある方も多いように思います。

そんな方にお勧めの英語学習の方法は多読です。

 

多読とは、多量の英語の本を読むことです。

読む本の内容は、

辞書を使わずに読んで9割は理解できる内容のものから読み始めて、

だんだんに少しずつ文章の長いものへと変えていきます。

そうすることで、英語を英語のまま理解できるようになっていきます。

 

この方法の一番良い点は楽しく続けることができるということです。

単語を覚えたり、文法問題を解いたりすることはしません。

苦なく、興味の持てるものをどんどん読んでいきます。

反対に読み始めて、苦痛に感じたり、

面白くなかったものは、読むことをやめて違う本に変えていきます。

 

大人も子どもも初めは、1ページに単語が1~3個の絵本から読み始めていきます。

大人も子どもも同じところからスタートできるので、

お子さまと一緒にやり始めることができます。

お子さまと一緒にやり始めれば、親も子どもも続けやすくなります。

 

おすすめの本は英語ネイティブの子ども用に作られた、

「Leveled readers」というレベル分けされたものです。

「Leveled readers」はいろいろな種類がありレベル分けがされているので、

本人の興味とレベルにあったものが探しやすいです。

その中でもおすすめのシリーズは「Oxford reading tree」です。

これはイギリスの学校で教科書として使用されているものだそうです。

おすすめの理由は、本の絵と、文章の内容が一致している点です。

そのため、絵を見ればこの単語、文章はこういうことを書いているんだと容易に推測できます。

この推測のしやすさがほかの本に比べて優れています。

 

「Oxford Owl」というサイトでは、

無料の会員登録をすれば「Oxford reading tree」を含む

約200冊の本を英語で読むことができます。

音声もついているので、発音の確認や、リスニングの練習もできます。

 

このサイトにある本をいくつか読んでみて、

自分の興味のあるシリーズや、読みやすいレベルもわかってくると思います。

ぜひお子さまと一緒に始めてみてください。

親子で英語を楽しむことができるようになることは意外と簡単にできるかもしれません。