お子さまの声

小学6年生のT君

新しいところをやれたのでよかった。

枚数はへったけど、頑張れたのでよかった。

カードもことわざから百人一首になったので頑張って覚えたいと思った。

次回はもっと枚数を増やせるように頑張ろうと思う。

 

校長より

hakken .では1回の学習の枚数を、

多くこなすよう子どもたちには言っています。

小6のTくんは、いつもとても意欲的に取り組んでいます。

実は宿題の量を増やしてほしいと本人から要望があり、

他の小学6年生に比べると、多めに出しています。

それをしっかりこなしてくれています。

時々、やってきた宿題のミスが目立つときがあったので、

そこの弱点を指摘すると次回にはそれを修正してきてくれる意識の高い小学生です。

 

そんなTくんから先日

「僕は将来、科学者になりたいので、レベルの高い高校へ行きたいです!」

「どこがあるか知っていますか?」

という相談を受けました。

とある私立高校の情報を提供すると目を輝かせて、

「僕、ここへ行きたいです!」といったTくん。

今のTくんにはとても魅力的に感じたようでした。

将来の夢があり、その夢をかなえるためにはどうしたらいいか、

Tくんなりに考えているのだと感じました。

本当に意識の高い小学生だと改めて感じました。

だからこそ日々の学習に目標をもって取り組めているのだと感じました。

本当に素晴らしいことです。

きっとお家でも将来のお話しなどそういった会話がなされているのだと感じました。

Tくんの夢が実現できるように、サポートしていきます。