教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2012年9月3日

教室便り12年9月号 秋の学習の落とし穴

1学期(前期)の学校進度は、どうだったでしょうか。

進度がゆっくりで、例年より定期テストの範囲が、狭かったように見受けられます。

そして、テスト後から一気に進度が、速くなってきているように感じられます。

 

今年は教科書が大きく変わり、学習内容もかなりボリュームアップしています。

各学校も新過程の対応に追われ、進度調整に苦戦しているように感じられます。

秋の進度は速くなりがちですが、今後の学習内容を考えると、

今年は進度がさらに速くなる恐れがあります。

そうなると、テスト範囲がとても広くなります。

しかも、どの教科も学習内容は、ずっと難しくなります。

すなわち、テストで点が取りにくくなります。

 

 その結果、例年テストの平均点が下がります。

しかも、点数の分布をみると、高得点を取る子とそうでない子の2極化が進んでいます。

特に1年生は例年その傾向が強いです。

平均点が下がるということは、

 「学校のお勉強についていけなくなる生徒が多くなる」

 「できる子とそうでない子の差が大きくなる」

ということでもあります。

 

この「学校の進度が速くなる」、「学習内容は難しくなる」ことに対応するためには、

 ①能力を上げる。

 ②学習時間を増やす。

の2つの方法があります。

つまり、これまでと同じようにしていたのでは、確実に成績は下がるということです。

秋以降は特に危機感を持って勉強に取り組む必要があります。

 

この秋以降の学習負担を軽くするため、

hakken.では普段の学習の中に、能力を上げる仕組みを取り入れています。

予習を先行させることで、

 「学校の授業が分かる」

 「学校の授業が復習になる」

ようにしています。

そうすることで余裕も生まれ、学校の授業もよく分かり、効果的に学習ができていきます。

 

また効果的に学習するために、

お家では学校と塾の授業で習った範囲を、当日に学校のワーク等で復習することが必要です。

習ったばかりなのでワークも学習しやすく、おすすめです。

さらに早めにワークができているので、テスト前にあわててやることもなくなります。

勉強は先手を打ってしていくことができれば、どんどん学習の好循環が生まれてきます。

そうなれば能力と成績はどんどん伸びてきます。

 

「夏、しっかりやったから大丈夫!」

と言えるお子さまは、自信を持ってこの秋に挑んでいきましょう。

そうでないお子さまも、今からやればまだまだ間に合います。

今からできることをやっていきましょう。

 

もし不安がおありでしたら、hakken.の先生にご相談ください。

家庭学習の仕方も、勉強のコツも、上手な暗記の仕方もお答えします。

またテスト前にはテスト対策講習もご用意しています。

hakken.を上手く使って、自分が勉強に前向きになれるように工夫していきましょう。