教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2012年10月31日

教室便り12年10月号 家庭学習のポイント

 「うちの子、家でまったく勉強しないんです」

よく保護者さまからお聞きする台詞です。

みなさんは、お家でどれくらい勉強をしていますか?

 

お家での勉強はとても重要です。

学校のテストで良い点を取ってくる子のほとんどが、お家でもしっかり勉強しています。

自分で勉強できる力を持っています。これが「自学自習力」です。

hakken.は、この「自学自習力」も大事にしています。

 

hakken.の教室では、一生懸命集中して勉強をしてくださるお子さまがたくさんいます。

その集中力の源は、教室の環境や、講師の声かけだったりします。

ですので、家庭や学校ではこれらのことがないため、

集中できない、勉強できない、というお子さまが多いのです。

家庭でまったく勉強をしない、できない子は、平均点を取ることさえ難しくなります。

 

では、hakken.と同じ学習環境を家庭で作るためにはどうすればいいか。

それはまず、お子さまをひとりの大人として認め、信頼関係を作ることです。

次に親子それぞれが課題を決め、

共に課題をクリアしていこうとする環境を作ることです。

お子さまの課題は、少しの努力でできるものが良いです。

お母さまの課題はお子さまよりは少しハードルの高いものの方が、よりお子さまのやる気がでます。

例えば、毎日10分の学習をするのはいかがでしょうか。

親子で10分だけ机に座り学習するのです。

お子さまは10分きっかりで学習をやめる。

お母さまは、10分+α学習する。

これが1か月続いたら、お子さまと相談し

ほんの少し、例えば10分を15分に延長するのはどうでしょうか。

お母さまの+αの学習がお子さまの行動を促進し、

お子さまはきっと15分の学習延長を承諾されることでしょう。

 

勉強はダイエットと同じです。

たまに運動をしても、たまに食事を減らしても効果はほとんどありません。

定期的な運動や、日々の食生活の改善が成功をもたらすように、

勉強も定期的な学習と日々の生活の改善が成功をもたらします。

10分でも毎日腹筋をすれば、1年後には大きな効果がでるように、

勉強も10分の勉強を毎日するだけでも、

1年後には3,650分=約60時間の学習になり、塾での学習時間の約45回分になります。

 

まさに勉強は「継続は力なり」です。

反対に継続しないと、ほとんど効果がありません。

下記に家庭学習を促進させるためのポイントをまとめました。

できるところから改善して、少しでも学習習慣をつけていきましょう。

 

~家庭学習におけるポイント~

 ①生活リズムを整え、決まった場所と時間で,  学習に集中できる環境を作る。

 ②お子さまのがんばりを認め、励まし、親子の対話を多くする。

 ③10分の学習を欲張ってもう少しだけと延長しない。

 ④学習中は小言は言わない。お話をするなら、ほめ言葉をかける