教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2014年12月1日

教室便り14年12月号 勉強の仕方を見直そう!

 

中学生のみなさんは、いつもテストに向けて勉強をがんばっていますね。

目標の点数が取れるように、しっかりテスト勉強をしていると思います。

自習に来てくださるお子さまも多く、本当に嬉しいです。

 

テストが終わると結果が返ってきます。

もちろん、点数が上がればとっても嬉しいし、

下がれば残念です。

 

一番大事なのは、『この結果を次にどのようにつなげるか』です。

 

テストが終わったら、しっかりと振り返ってみてください。

テストの結果だけでなく、テストまでにどういう行動をしたかが重要です。

 

いつ頃からテスト勉強を始めましたか。

 

毎日何時間くらいテスト勉強をしましたか。

 

また、勉強の仕方を変えたり、工夫したりしましたか。

 

学年が上がれば上がるほどテストは難しくなります。

そのため、同じ学習量、同じ勉強のやり方であれば、

テストが難しくなる分、テストの点はどんどん下がっていくのが普通です。

 

前回と同じ点以上を取るためにすべきことは、

今回のテスト勉強で何をした事で、点数が取れたのかを考えることです。

その上で、次回に向けて何を変えればテストの点が上がるかを考えます。

良かったことは継続しながら、学習時間、勉強のやり方を見直すことが大切です。

 

中学校のテストで

毎回高得点を取るためには、

学校、塾、家庭で学習した問題を

テストでもできるようにすることが必要です。

テストで思ったように点が取れないお子さまは、

学習した問題と同じ問題がテストで出題されても、解くことができません。

 

学校のテスト問題の8割以上は

hakken.の問題集と同じか、あるいは類似問題です。

テスト内容によっては10割近くの時もあります。

つまり、ほとんどが一度習ったことがある問題ということです。

hakken.が徹底した復習を行うのはそのためでもあります。

それでもテストの結果に差が出てくるのは、

ミスの量と定着力が大きく関係します。

同じ問題を学習しても、

1度学習すればできるようになるお子さまもいれば、

1カ月以上繰り返し練習してできるようになるお子さまもいます。

 

家庭での学習も

hakken.の学習と同じように繰り返し学習し、

一度やった問題はテストでもできるようにしていきましょう。

遅くともテストの1週間前までに、

学校のワークをテスト範囲が一通り学習できるように勉強を始めましょう。

そして、テスト前の1週間は、

学校のワーク

学校の授業で習ったこと

塾で習ったことを確認し

ちゃんと解くことができるように再度練習しましょう。

 

そしてテストがある度に、

勉強のやり方を見直し、

良かったことは続け、

悪かったことは改善していけば、

テストの点は必ず上がっていきます。

難しい範囲や理解しにくい範囲は、

hakken.のテスト対策を利用してください。

次のテストはどこが難しいのか、

何をどう勉強すればいいのか

hakken.の先生に聞いてみてください。

対策の方法、手段をhakkenはいくつも持っています。

勉強の仕方を見直して、次回のテストに活かしましょう。