教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2016年10月1日

教室便り1610号 英語はいつから始めますか?

 

小学校の保護者の方から一番多く聞かれることのひとつに、

「英語の学習はいつから始めたらよろしいでしょうか」 というものがあります。

 

国際化が進み、 外国がますます身近に感じられるようになっています。

英語を基本とした外国語の習得が、

かつてないほど重要になっています。

英語を習得しないことには、高校や大学には進学することは難しくなりました。

英語のみの大学受験はありますが、英語が受験科目にない大学はほとんどありません。

社会に出るにあたっても、英語は重要な判断材料になっている企業が多くなってきています。

そして、外国の方と接する機会が増えるので、 英語を使えるようにしておくと、人生がより豊かになります。

 

色々な見解があるかと思いますが、

英語の学習はいつからということではなく、なるべく早く始めることをお勧めします。

その理由には3つあります。

① 言語の習得は時間がかかるものなので、地道に学習する必要があります。

 言語を身につけることは、スポーツの技術を体得することに似ています。

 日々、意識的にトレーニングを積まなければ、本当の学力はつきません。

 

 ②英語は単語を始めとして覚えることが多く、スタートが早いとそれだけスムーズに学習できます。

  英語は積み上げの教科です。学習が一つ滞ると、次の学習がまるで分からなくなります。

  早めに、英語の土台作りを固めていくことが重要です。

 

 ③ 早くから世界を意識することによって、興味関心が広がります。

  小さいときからたくさんの世界を知ることで、それだけ将来の可能性を増やせます。

  また英語の学習を通して、いろんな角度から物事を見る訓練をすることができます。

 

hakken.は英語教育に自信を持っています。

発音だけではなく、単語はすらすら完璧に書けるようになるまで練習します。

文法はまず基本文の理解を徹底し、関連する練習問題を解きます。

いずれも無意識に答えが出せるくらいまで、繰り返し学習することにポイントがあります。

英語ができるようになると、大きく世界が広がります。

hakken.の英語学習は、そのご期待に充分お応えできるものです。

ぜひ、早めの受講をご検討ください。