教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2017年2月1日

教室便り1702号 中学生になるとここが変わる!

小学生のみなさん、中学生になって何が一番大きく変わると思いますか。

大きな違いと言えば、具体的に次のことが挙げられると思います。

 

・英語が本格的に始まる

・テストが年に数回すべての教科で実施される

・学年を経るごとに、学習内容が積み重なっていく

・学校での成績が高校入試の判定に使われる

・授業が教科担任制になり、それぞれの授業の進め方に順応する必要がある

・宿題をチェックされることは少なく、自力でワークを仕上げる必要がある

 

小学校までは、一つの単元ごとにテストを行っていましたが、

中学校になると、

年に4回しか定期テストがないので、2~3の単元を一度に網羅する必要があります。

しかも、主要5教科を一度に学習する必要があります。

学校で配布された問題集を使ってテスト勉強を進めていきますが、

その学習も通常、先生から強制されることはありません。

(最後のチェックのみ回収されます)

部活動で忙しい中、自分で時間を使って学習を進めていく必要があります。

 

また数学や英語は

特に1年生や2年生の内容をベースに3年生の内容が進行していきます。

3年生になってから頑張ろうというのでは、とても間に合いません。

公立高校の入試では1、2年生の内申点も全体の内申点に加味されます。

入試のことを考えても、1年生のときから真剣勝負が求められます。

小学校のときと比べ、数十倍と言っても良いくらいの学習量を、

どのように自分で計画を立てて、学習できるのでしょうか。

hakken.は常にこの疑問と向き合ってきました。

その対策は、予習中心の日々の学習で早めにテスト範囲を終えます。

そして、テスト直前には復習を行い、

これまでの内容を思い出し、

余裕を持ってテストに臨むことです。

80分という限られた時間の中でも

毎年テストに強いhakken.を生み出すことができたのは、

この予習と復習のサイクルを徹底しているからです。

 

そして、このカリキュラムは特に複数教科の受講によって、効果を発揮します。

hakken.で鍛える4つの力は、鍛える量が増えることで伸び方が大きくなり、

自信を持ってテストに臨める教科が増え、

スムーズに中学校生活を送ることが可能になります。