教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2017年5月1日

教室便り1705号 大型連休

新学年になって、ようやく慣れてきたのも束の間、

もうすぐ大型連休のゴールデンウイークが始まります。

実はこの連休の過ごし方が非常に重要です。

なぜならこの連休が終わった後に、学校の授業が本格化するからです。

4月の授業の進み方は、1年の中で一番ゆっくりしています。

新しい学年に入って慣れないことが多く、

学習のペースを緩やかにすることで、学校生活にうまくなじめるようにしているからです。

 

しかし、連休が終わると、

学校の授業はどんどん勢いを増していきます。

早い学校では5月に1学期のテストがあるため、

年間授業量の4分の1にあたる量を消化しなければならないからです。

当然、連休前に学習していたことは、充分に知っているものとみなされます。

学校にはこの時期、いちいち復習に時間を充てられるだけの余裕はありません。

さらに中2や中3であれば、

前学年の2月以降に学習したことがテストに出題されるので、

復習しておく必要があります。

連休になると、どの部活も本格的に活動が始まります。

部活に没頭しすぎて、

気付いたら連休が終わっていることが多々あります。

無意識にぼんやり過ごしていたら、確実に時間だけが過ぎていきます。

どのようにしたら、有意義な過ごし方ができるのでしょうか。

 

難しいことではありません。

普段と同じ習慣を続けてください。

4月までの生活スタイルを続けてください。

まずは生活リズムを変えることなく、早寝早起きを心がけましょう。

そして、学習では

hakken.の教室と同様に、

ヒントを何も見ずに、すらすら答えられるまで学校のワークをやってみましょう。
瞬発的に解くことができるまで鍛えた問題は、

必ずあなたの力になっているはずです。

hakken.の授業では連休明けから

順次、テスト対策へと切り替えていきます。

研修旅行や修学旅行で学習の時間が取れないのも、

この時期の悩ましいところです。

早め早めの対策で、万全の準備をしていきましょう。

みなさんの1学期の飛躍を期待しています。