教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2020年2月1日

教室便り2002号 中学入学までにしておきたいこと~家庭学習の習慣~

中学校では、小学校のように毎日宿題が出されなくなります。

そのため、中学校に向けて小学校のうちに、学校の宿題になっていないものに取り組む習慣をつけておくと、中学校になってからも自主的に学校の問題集を取り組める確率が高くなります。

まずは、一日プリント1枚でも、1日10分でも取り組むことをおすすめします。
初めに取り組む教材は、市販の本屋さんで購入できるドリルで、本人にとって簡単なものをおすすめします。

まずは、ドリルをやることを習慣化することが重要です。
そのため、内容は求めず、まずは継続的にやるために、続けやすい内容を取り組んでください。

そして、習慣的に学習できるようになってから、内容を吟味して、苦手な範囲などのドリルに変えることをおすすめします。

いきなり、苦手な範囲のドリルから取り組むと失敗するケースが多いように思います。

また、初めは親子で一緒に取り組むのがおすすめですが、なかなか一緒の時間が取れない場合は、毎日のやる内容を親子で決めて、子どもがドリルを一人で取り組み、採点は親がするのもおすすめです。

採点の際に、コメントなどを添えると、子どもも喜ぶので一緒に取り組まなくても継続しやすくなります。

ただし、コメントは必ず良いことを書くことをおすすめします。
指摘は採点の〇✕だけで十分な場合がほとんどです。

小学6年生の生徒にとっては、中学入学までたった3カ月ですが、このたった3カ月でも中学校に向けた準備は十分にできます。
まずは、自主的に、毎日机に座って勉強をする習慣をつけていきましょう。