教室便り無料体験学習の
ご予約はこちら

2020年9月1日

教室便り2009号 夏休みが終わり、2学期の授業が始まります。

春に比べ、秋は学習内容が多く、学校行事も多いため、学校の授業が毎年早く進みます。
学習する内容は、数学が計算から関数や図形に変わり、英語は文法が複雑になり、春よりも難しくなります。
さらに今年は休校期間の影響もあり、学校の進度が例年より遅れています。
しかし、今年度学習する内容に変更はないため、休校明けの授業のように、どんどん授業を進めていく可能性が高いです。
そのため、今までと同じように過ごしていると、学習内容が難しくなる分、成績は下がります。

定期テストの平均点も、春と比べてかなり下がることが予想されます。
中1の1学期のテスト内容は基本的な内容がほとんどでしたが、今後は中2、中3と同じように難しい問題も出題されてきます。

hakken.での学習では、より集中して取り組むことが大切ですし、家庭学習では、学習の仕方を工夫することが必要です。

すでに家庭学習の習慣がついている人も、一度、自分の家庭学習の内容を見直してみましょう。
成績を上げるには、大きく2つの方法があります。
学習時間を増やすこと、学習方法を工夫することです。
やみくもに学習時間を増やすだけでは効果はありません、勉強のやり方を工夫することが大切です。

効果的な学習の基本は、できるようになるまで繰り返し学習することです。
hakken.での学習を家庭で実施してください。
間違えた問題はその日にできるまで練習し、後日、もう一度できるか確認をしてください。
また、自分でもこれまでのテストで良い点がとれた時は、どのような学習をしていたかを振り返り、その学習方法をすべての教科で実践してみましょう。

いまからでも遅くありません。次のテストに向け準備をしていきましょう。
具体的な準備としては、学校の問題集を今のうちに進められる範囲は進めてください。
まず初めに学校で学習した範囲をやってみましょう。
この時期にやっておけばテスト期間中の勉強も捗る上に、学校の授業内容も理解しやすくなります。
それが終われば、hakken.で予習している教科を予習しているところまで進めていきましょう。
今からでも学校の問題集を進めておけば、2学期の学習もテスト勉強も楽になります。

早め早めに行動して、学習の余裕を作っていきましょう。