代表コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2017年5月16日

代表増田好子のコラムVOL.2 家庭学習は時間を計って行おう

 

家庭学習で成績を上げるためには、集中して学習することが不可欠です。

家庭学習の効果が出ないお子さまは、家庭学習が作業になっていることが往々にしてあります。

頭を使わずに漢字を羅列する。

教科書を写す。

問題集を学習しても間違った問題、わからなかった問題は、ただ答えを見て書き写す、

といった家庭学習になっていないでしょうか。

 

本来は100点が取れるまで覚えて、自分でテストすることが必要です。

間違ったり、わからなかったりした問題は、

なぜこうなるかの説明ができるまで学習することが必要です。

 

家庭学習が作業のみになりがちなお子さまは、

だらだらと時間を掛けて学習しているという特徴があります。

 

そこで家庭学習を始める前に、何分でするかの時間目標を立てます。

そうすればだらだら学習はなくなり、集中することを覚えます。

結果、頭を使った学習が容易になっていきます。

時間を計って学習することのメリットはまだあります。

お子さま自身が自分の力量がわかり、

テストの時間配分をうまくできたり、何よりも作業力が付いてきます。

 

ですが、それでも集中できないお子さまもいらしゃるかと思います。

その場合は、自分の部屋でお勉強をしないで、

お家の方の目が届くリビングやダイニングで、学習することをお勧めします。

それでもうまくいかない場合は、

小学校高学年であろうと、中学生であろうとお家の方の目の前で、学習させることが必要です。

 

学習習慣は、お子さま一人では身につかないものなのです。

まずは、3ヶ月やってみて下さい。

お子さまは、きっと変わっていくはずです。