代表コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2018年11月15日

代表増田好子のコラムVOL.19 小学生の英語嫌いが増えています

昨年のデータですが、

国立教育政策研究所の6年間の「外国語活動」の成果や課題の調査結果において、

英語によるコミュニケーション能力の向上など大きな変化が見られる一方、

小5の約2割、小6の約3割が 「英語嫌い」 なっていることがわかりました。

(産経ニュース)

 

hakken.に体験学習に来てくださる小学生さんの中にも

英語が嫌いという話をよく聞くようになりました。

 

小学校の英語授業は「聞く、話す」ことに力を入れています。

そのため「小学校のうちにもっと学習しておきたかったこと」のアンケートで

中学生は「書く、読む」力をつけておきたかったと答えています。

また「小学校の英語の授業で学んだことの中で役に立ったこと」では

「アルファベットを書くこと」「アルファベットを読むこと」と答えています。

 

小学生のうちに「書く、読む」力つけることが、

中学校で英語を好きになる大きな要因です。

これらのデータとhakken.の経験から、

中学校で英語が好きな子は「英単語・英文を書く、読む」力のある子だと考えています。

少しでも早く「英単語・英文を書く、読む」力を効率よく取得できる

hakken.の英語学習への参加をおすすめします。