代表コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2018年12月15日

代表増田好子のコラムVOL.20 子離れ

子離れは子どもの成長においてとても大切です。

ですが、子離れとはどうすることなのでしょうか?

 

なかなか難しい問題ですが、一つの見方として、

子離れをすること=子どもの状況、心情において

親が知らない領域が増えるということです。

 

親は、子どもが話したがらないことは聞かず、観察する。

相談されたことには答えるが、あまり言い過ぎない。

子どもの判断を信じ、見守る。

子どもに起きた出来事に一喜一憂せず、

子どもの心情を考え、子どもの意見を尊重し、

子どもが助けてほしい部分だけ助ける。

子どもが子ども自身の成長につながる行動をしているかが大切で、

そこができていればOKと考え、子どもに任せることを多くしていってください。

そうすれば自然と子離れをしていけるはずです。

 

子離れは、なぜ大切か?

それは、自分で考え自分で行動することを

早い段階で覚えた子ほど自主性がつくからです。

子どもが自立するまでに

親が子どもに伝えなければいけないことは、ただ一つ自分自身を成長させるメソッドです。

昔から言われる「魚は与えず、釣り方を教えよ」です。

 

ただ、勘違いしてはいけないことがあります。

それは子どもそれぞれの興味対象があり、

親が興味をもってほしいことと異なることが多いということです。

 

ほとんどの親御さんが

小学生や、中学生の子どもに「勉強」を頑張ってほしいと思っています。

だから、「勉強」で頑張っていないと、

うちの子は自分自身を成長させていないと思われる方が多いです。

他のことで前向きになっている姿があれば、

それは「自分自身を成長させている」ことになります。

それを認めてあげると、「勉強」でも向上心を持っていきます。

まずは、子どもを観察してみてください。

案外、おうちの方が思っている以上に子どもは、向上心をもっています。