代表コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2020年1月15日

会長増田好子のコラムVOL.33 お子さまの自主性を育てるための親離れ・子離れ

お母さま : 食事に家族みんなで行くよ。

お子さま : 僕は、家にいる。

お母さま : 何も食べるものないよ。

お子さま : 大丈夫、何か作って食べるから。

お母さま : 材料もないよ。

お子さま : 大丈夫だって、ほっといてよ。

 

よくお見受けする会話だと思います。

自主性を尊重するなら、ここはお子さまを一人で置いていきます。

親御様としては、何も食べるものがないから心配です。

 

よくあるパターンが、

お母さま : じゃ、もういいわ。もう行かない。

 

険悪ムードになり、お子さまがイヤイヤ行くか。

みんなが行かないか、になります。

 

ここは、お母さまがお子さまを心配する気持ちを我慢して、お子さまを一人おうちに置いて、行くことが正解です。

お子さまを一人で置いていく罪悪感は、お子さまの自主性を育む妨げになります。

 

個々の意見があって、個々の行動があっていいのです。

お子さまが自立する第一歩、お母さまが子離れする第一歩です。

お子さまの自主性を育むことを目的とするなら、大切なことは、

 
① 無理強いしないこと。

いやなことは「イヤだ」といえる環境を作ることが大切です。

 
② お子さまのことはお子さまが決めること

大人が決めたことに従っているとき、お子さまは、行動では従っていても、頭の中や心は従っていません。

 

学習面において大人が決めたことに従っているお子さまは、頭を使わず、勉強が作業になっている場合をよく見受けます。

「なぜこうなるのか。」を考えて学習していないのです。

したがって学習効率がとても悪くなります。

自主性は、お子さまが成績UPを目指すときとても大切な必須事項です。