代表コラム無料体験学習の
ご予約はこちら

2020年7月15日

会長増田好子のコラムVOL.38 学校の学習進度

新型コロナの影響で、学校の学習進度は様々です。

ある中学校では、休校中に動画で学習したものは、すでに理解しているものとして進んだり、学年の最初から学習は進めているものの異常に進度が速かったり、又小学校では、小学1年生にも関わらずたくさんの宿題が出て、子どものやる気が損なわれたりしています。

 

東京都立高校の入試内容が発表され、中3生の学習内容の一部が除外されるもようです。

国語では中3の漢字、数学では三平方の定理、英語では関係代名詞などが除外されるようです。東海地方でもこれに近い内容が高校入試から削除されることになるのではないかと思われます。
9月入学の話もとん挫したこともあり、学校での子どもたちの負担とこの先の学校教育にこのうえない不安がつきまといます。

 

おかげさまで、先取りが得意なhakken.の学習においては、例年通りほとんどの子どもたちは無理なく学習を進めることができています。

徹底した演習中心の学習のため、例年通りの進度と学習の習熟度を保っております。

不安なことは、各教室の校長にご気軽に相談ください。
お待ちしております。こんな時だからこそ、お子さまの良いところ・少しの成長・普通にできているところ、ねぎらいの言葉などを、笑顔で声に出して伝えてあげてください。

おうちの方の笑顔やプラスの言葉は、ストレスを緩和し、子どもたちのやる気につながります。

 
「学校に毎日行けていることが安心だわ。」
「授業時間が伸びて大変じゃない?よく頑張っていると思うわ。」
「今日も元気そうね。うれしいわ。」
「~してくれてありがとう。」などなど。