点数UP事例

中学2年生のCくん

 

現在中2のCくんは小6の2月から通ってくれています。

年上の兄弟が2人おり、2人ともhakken.に通ってくれていました。

 

Cくんは入会当初、

計算ミスが多く、途中式も全く書いていませんでした。

またhakken.に通う前は、

間違った問題はそのままにしており、

わからない問題が徐々に増えている状態でした。

 

始めに途中式をきちんと書かせ、

間違った問題は自力でできるまで学習させました。

しかし、集中力が途切れるとミスをする癖があり、

中1前期中間テストまでに

完璧にミスをなくすことができませんでした。

結果は73点でした。

ケアレスミスで13点も落としていました。

 

その後の学習で、今までの指導に加え復習回数を3回以内に抑えるという目標を共有しました。

(hakken.の教材はシステムで学習内容を個別に管理しており、

それぞれ問題が何回目の復習かがわかるようになっています。)

 

そして、C君の学習内容と学習姿勢を毎回確認し、

少しでも変化があればC君に伝え

やる気を引き出しました。

 

その結果、徐々に成績は上がり、

中2前期期末テストで100点を取りました。

テスト範囲は連立方程式,一次関数です。

一般的に点数を落としやすい単元にも関わらずよく頑張りました。

Cくんすごい。

 

Cくんは今回のテストで、数学に対してさらに自信をつけることができました。

勉強にも意欲的に取り組めることができています。