無料体験学習

お問合せ
資料請求

無料体験
学習

お問合せ
資料請求

教室便り(4ページ目)

Column

kyoshitsudayori.jpg

教室便り1703号 中学校は小学校の延長ではない

この春からいよいよ中学生です。新しい学校への進学を目前にした今、hakken.がお伝えしたいことがあります。 それは、中学校は小学校の延長ではないということです。学習に関して言えば、その進度と内容に大きな違いがあります。それを実感できるのが定期テストです。 中学校になると、テストは大きく年に4~6回実施されます。したがって、1回のテストで教科書の15%~25%にあたる分量が出題されます。小学校の教科書より3~4倍になった教科書の内容を、わずか数回のテストで勝負を決めます。さらに、授業の中で重要な事柄を教えてくれますが、小学校のときのように、先生は繰り返し同じことを説明してくれません。また教科書の隅に書いてあることや、ワークのみに書いてあることも、テストに出題されます。小学校のときに100点をいつも取っていた子であっても、中学校になったら平均点(およそ60点前後)以下しか取れなくなったというケースは、珍しいことではありません。 中学校で満足いく点数を取るためには、大事なことを自分の力でつかみ取る力、それをいつまでも記憶にとどめておく力、必要なときにいつでも必要な情報だけ引き出せる力、といった力が必要です。 hakken.のカリキュラムは、それらの力が自然と身につくように工夫されています。予習を中心とした学習により、中学校の速いペースにも対応しながら、重要な事柄に的を絞った効率的な学習を進めています。テスト期間中は、すでに学習したことの復習を行いながら、さらに難易度を上げた細かな知識を必要とする問題にも取り組んでいきます。 このカリキュラムをうまく活用するためには、中学生になったら今までと同じペースではいけないという意識が必要です。意識を持ったうえでhakken.の課題に日々取り組んでみてください。きっと、充実した中学校生活を送ることができるでしょう。hakken.はみなさんの頑張りに応え続けます。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1702号 中学生になるとここが変わる!

小学生のみなさん、中学生になって何が一番大きく変わると思いますか。大きな違いと言えば、具体的に次のことが挙げられると思います。 ・英語が本格的に始まる・テストが年に数回すべての教科で実施される・学年を経るごとに、学習内容が積み重なっていく・学校での成績が高校入試の判定に使われる・授業が教科担任制になり、それぞれの授業の進め方に順応する必要がある・宿題をチェックされることは少なく、自力でワークを仕上げる必要がある 小学校までは、一つの単元ごとにテストを行っていましたが、中学校になると、年に4回しか定期テストがないので、2~3の単元を一度に網羅する必要があります。しかも、主要5教科を一度に学習する必要があります。学校で配布された問題集を使ってテスト勉強を進めていきますが、その学習も通常、先生から強制されることはありません。(最後のチェックのみ回収されます)部活動で忙しい中、自分で時間を使って学習を進めていく必要があります。 また数学や英語は特に1年生や2年生の内容をベースに3年生の内容が進行していきます。3年生になってから頑張ろうというのでは、とても間に合いません。公立高校の入試では1、2年生の内申点も全体の内申点に加味されます。入試のことを考えても、1年生のときから真剣勝負が求められます。小学校のときと比べ、数十倍と言っても良いくらいの学習量を、どのように自分で計画を立てて、学習できるのでしょうか。hakken.は常にこの疑問と向き合ってきました。その対策は、予習中心の日々の学習で早めにテスト範囲を終えます。そして、テスト直前には復習を行い、これまでの内容を思い出し、余裕を持ってテストに臨むことです。80分という限られた時間の中でも毎年テストに強いhakken.を生み出すことができたのは、この予習と復習のサイクルを徹底しているからです。 そして、このカリキュラムは特に複数教科の受講によって、効果を発揮します。hakken.で鍛える4つの力は、鍛える量が増えることで伸び方が大きくなり、自信を持ってテストに臨める教科が増え、スムーズに中学校生活を送ることが可能になります。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1701号 「学ぶ」の根本「4つの力」

「学ぶ」の根本をたどると4つの力に集約されます。その力を「作業力」「暗記力」「定着力」「セルフコントロール力」と位置付けています。どんな問題も読んで正しく理解し、考え、解くというプロセスは共通です。そこに欠かせない4つの能力を身につけることで読解力や思考力も向上していきます。 今はもちろん、この先も役立つ力です。hakken.ではこの4つの能力を身につける学習方法と、子どもたちに「主体性(自分の意志で判断し行動しようとする態度)」と「自立(自分の力で物事をやっていくこと)」の力を身につけるための練習を毎回の授業で行っています。子どもたちが主体的に授業に取り組むために、「魔法のランプ」でその日の学習目標を決め、学習を振り返ることができる目標シートを使用しています。また日々の学習では、子どもたちの自立を高める仕掛けとして、記憶の仕組みを考慮しながら繰り返し学習をすることで、覚えた内容を自分のものにしていく力を育てています。 大人や教師からみると、お子さまの字が汚い、計算が遅い、ミスをしても気にしていないなど、細かなところについつい目がいってしまうこともあります。これらのことの多くは、お子さまの勉強に向かう姿勢や、勉強に対する考え方が表面化してきたものだと考えています。言葉で指示をして、字をきれいに書かせたり、計算を早くさせたり、ミスを厳しく指摘したりすることで、抑えることもできるでしょう。ですが、それでは表面的にできるようになっただけで、また指示を続けないとできるようになりません。また、言葉で指示を続けていくことで、勉強嫌いを助長したり、勉強を作業としてこなし、理解しようとしなくなったりすることもよくあります。その結果として、ある程度厳しく指示をすることで成績が伸びてもその後、伸び悩むことが多くなります。 遠回りに見えますが、根本にある勉強に向かう姿勢や、勉強についての考え方を見直し、能力を高めていくことが、結果的に近道になると考えています。 これからの時代の子どもたちに求められるのは、得た知識を活用する能力だと言われています。その結果、新たな問題を発見し、それを解決する力やこれまで世の中になかった様な新しい知識を創造する力が生まれます。また主体性と自立が、生きていく上でもっとも必要な力のひとつだと言われています。 勉強を通して、社会を生き抜き、自分の夢を実現し、社会に貢献できる力を身につけていただくことを目標に、hakken.は新年も取り組んで生きます。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1612号 勉強の仕方を見直す

テストは、テスト当日での取り組み方も大切ですが、テストまでにどれだけ準備をしたかで決まります。 勉強が得意なお子さまとそうでないお子さまの違いは、振り返り方にも大きく差が出ます。 勉強が得意なお子さまは、テストまでの取り組み方について具体的に振り返ります。 得意でないお子さまは、テスト当日のこと(ミスが多かった、時間がたりなかった)を振り返り、もっと勉強するミスに気をつけるなどあいまいな振り返りになります。 テストが返ってきたら、ぜひテストまでにどのような準備をしたか、振り返りをしてください。具体的には、学習の時間と学習方法の2つの観点で振り返りをしてください。 ①学習に取り組み始めたのはいつですか。少なくともテスト1週間前には学校の問題集のテスト範囲が終わるように、学習をはじめましょう。理想は学校の授業が進む度に復習として、お家で学校の問題集を進めておきましょう。早くやりすぎると、テストのときに忘れてしまうということもありますが、忘れることも記憶の定着には大切なことです。記憶は「覚える→忘れる→覚えなおす」ことで、より強くなっていきます。 ②学校の問題集はできるまで復習しましたか。 学校のワークは何回も学習することにより、自分のものになります。 遅くてもテスト1週間前から、一度やった学校の問題集のやり直しをはじめてください。そして、できない問題はできるようになるまで、何回も練習をしてください。いろんな教材に手を出して、結局どれも中途半端に終わってしまうよりも、学校の問題集を繰り返し解く方が、テストの点数は取りやすくなります。 これらの観点を踏まえ、hakken.ではテスト後に生徒面談を行い、みなさんの学習方法を一緒に見直していきます。自分の行動を具体的に振り返り、見直し、これからの行動を変えていけるようになると、主体性や目的意識が高まっていきます。 テストが終わったら、家庭学習を変え、次のテストでの更なる飛躍を見つめ、取り組んでいきましょう。 
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1611号 一流と言われる人

早めに取り掛かれば取り掛かるほど、得られる効果は大きいと言えます。一流と言われる人ほど、早くからその道に入り、日々鍛錬しています。 たとえば、先のオリンピックで活躍した選手の多くが、幼少期からすさまじい練習量をこなしてきました。作曲家の多くは手が痛むほどの練習を、小学校に入る前から始めています。料理人は小さいときにいろんな味を親しみ、料理を覚えると言います。 これは学習においても、同じことが当てはまります。実際に言語を習得する力は、5歳までに決まってしまうというデータもあります。空間を把握する力は、子どものときの遊びによって育まれるということも証明されています。 小さいときに、いかに効果的に能力開発できるかがポイントです。これらをセンスや才能、遺伝などと表現することもありますが、実際には、訓練によって能力を開発することができます。 能力開発を目標とするhakken.では、小学生のうちから、中学、高校で生きる基礎学力を作るためのプログラムを用意しています。 基礎計算をみっちりやることで、数学の問題を時間以内に正確に解くことができるようになります。漢字や語句を覚えられるまで書くことで、一度に暗記できる量を増やしていきます。さらに毎回自分に目標を立てることで、粘り強く物事に取り組めるようになります。 小学生のうちにこれらの訓練をしてきたお子さまは、中学生になってhakken.に入ってきたお子さまに比べ、総じて学習の基本能力が高く、より速く正確に問題を解くことができます。また達成できることが増えると、自分に自信を持つことができるようになります。 自信を持って物事に取り組めると、その後の人生が前向きなものになります。学習を通して、人生を肯定的にとらえ、自分らしく生きていくことができます。これはhakken.が目指す生徒像であり、教育のテーマです。 小さな変化を少しずつ小学生のうちから始めることが重要です。小学生での投資は、まさに人生への投資です。早め早めに学習をスタートし、学習の土台を固めていきましょう。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1609号 家庭学習をしよう!

もうすぐ、学校の授業が始まります。春に比べ、秋は学習内容が多く学校の行事も多いため、学校の授業のスピードは、毎年早く進みます。学習する内容も、数学は計算から関数や図形に変わり、英語も文法が複雑になり、春よりも難しくなります。そのため、今までと同じように過ごしていたら、学習内容が難しくなる分、成績は下がります。塾での学習では、より集中して取り組むことが大切ですし、家庭学習では、学習の仕方を工夫することが必要です。 すでに家庭学習の習慣がついている人も、一度、自分の家庭学習の内容を見直してみましょう。成績を上げるには、大きく2つの方法があります。学習時間を増やすこと、学習方法を工夫することです。やみくもに学習時間を増やすだけでは効果はありません。勉強のやり方を工夫することが大切です。効果的な学習の基本は、できるようになるまで繰り返し学習することです。hakken.での学習を家庭でもまねをしてください。間違えた問題はその日のうちにできるまで練習し、後日、もう一度できるか確認をしてください。また、自分でもこれまでのテストで点がとれたときは、どのような学習をしていたかを振り返り、その学習方法をすべての教科で実践してみましょう。 学習の効果を高めるためには、「続けること」が大切です。「続ける」→「学習の繰り返し」で、学習したことが積み重なります。ですから、「自分が続けられること」を始めるとよいです。たとえば、英語なら「1日単語を3単語ずつ覚える」や、「長文読解を1日1題こなす」など、今の自分に合った内容を加えて変化をつけることも「続ける」ことにつながります。 家庭学習の習慣がついていない人は、家庭学習の内容に工夫や変化をつけるよりも先に「家庭学習の時間をとる工夫」をしてみましょう。(中には家族の協力が必要なケースもあります)たとえば、学校から帰宅して、少し休憩をとってから夕飯までの間にやるというのはいかがでしょうか。始めの学習時間は10分でも構いません。大事なのは「続けること」です。 そうして「続けること」ができるようになったら、次は学習の内容や仕方を見直します。たとえば問題集やワークの問題を解いたとき、答え合わせはきちんとしていますか?ただ赤ペンで○や×だけをつけるだけで終わっていませんか?問題集やワークの答え合わせは、丸つけをして終了ではなくて、間違えたところのやり直しをし、できるまで繰り返します。このように家庭学習のやり方を工夫して変化を加え、新しいことをプラスすると「続けられること」につながります。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1608号なぜ勉強をするの?

お子さまから「なぜ勉強をするの?」と質問をされることがあります。子どものときに多くの方も、同じように思われたのではないでしょうか。その答えは無数にあり、人それぞれ自分の答えを見つけるのが一番だと思います。hakken.は、学校を卒業し、社会に出て仕事をしながら、社会貢献できる人材の育成を目標としております。勉強することは、自分の能力を高める最良の手段のひとつだと考え、学習を通じて自信を持っていただき、生徒が望む人生を歩んでいける力をつけたいと考えています。 勉強することで、単純に知識を得るということもあります。実際に歴史や化学式を使う機会は多くありません。ただ、歴史や化学式を理解し、使いこなせる能力は、社会に出てから大いに役立ちます。 hakken.では小学生のお子さまにどの教科を学習していても、たくさんのことわざと百人一首の暗記をしています。ことわざと百人一首は知らなくてはいけないものではありません。時間がたって、大人になったときには、忘れているかもしれません。 しかし、小学生の時期にことわざと百人一首を覚えることができる能力があれば、中学校や高校での勉強に役立ち、社会においても役立ちます。早期に能力を高めることができれば、その後の成長はよりいっそう高くなります。 能力は住宅ローンや車のローンの金利と同じで、たった数%の違いでも数年後、数十年後には大きな差になります。たとえば、能力が高いお子さまとそうでないお子さまでは1時間でマスターできる量が違います。同じ時間勉強しても能力が高いお子さまは、より多くのことを身につけます。反対に能力が高くないお子さまは、能力の高いお子さまと同じ量を身につけるために、より多く時間をかける必要があります。 そのため、hakken.では勉強の効果を高めるために、普段の学習の中で能力が高まっていくように、学習の仕方をいろいろと工夫していきます。学校のテストの点数を上げ、今の実力以上の高校に進学するためには、能力を高めていくことが必要だと考えています。 また、知識の量はその人の考える力にも比例します。人は知らないことについて考えることはできません。そして、考えられないことを行動できません。行動することができないと成果、結果は出ません。つまり、頭の中にある知識の量で、その人の成果、結果は変わってきます。 そのため、たとえ今必要ないと思われる知識でも、頭の中に入れるか、入れないかで将来の成果、結果は変わってきます。 今のお子さまが社会人になる頃には、今よりも経済格差は広がり、必要とされる能力、知識、技能も多くなる可能性が高いでしょう。そのため、親世代と同じだけの収入や、生活を維持するためには、親世代以上に成果、結果を出せる力が求められます。 小学生、中学生のお子さまなら、まだまだ社会に出るまで時間があります。もちろん社会に出てからでも能力を高め、ステップアップされていかれる方もいます。より早期に能力を高めることで、お子さまの可能性は高くなっていくと考えています。 ご家庭でも、ぜひhakken.の学習方法を真似して、学習してみてください。そして、自分の能力を高めていくことを意識して学習してください。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1607号 自主性・主体性をもたせる環境づくり

「自主性」や「主体性」をもったお子さまは、自分の頭で考えて行動ができます。自分の頭で考えて行動できるようになるためには、お子さまの興味の幅を広げてあげることが大切です。特に小学生は、興味のあるものに少々失敗しても「すごいね」「上手ね」「がんばったね」などと言い、お子さまの自尊心を刺激しながら、最後までやり遂げさせてください。 お子さまが「算数が好き」「理科がおもしろい」などと思えるような経験を積み、興味をもつ環境を与えることが、「自主性」「主体性」を生みます。そのためには日常生活の中の出来事と、学校で学んだことをつなげてあげてください。そして、テストの結果については、点数や周りと比べて、言い過ぎてしまうと興味は薄れやすいです。以前のお子さまと比較して、できるようになったことを見つけ、ほめて認めてあげることで興味を促進します。 脳科学では、「好きだ」「興味がある」といったプラスのレッテルを貼られた情報に対して、しっかり理解し、思考を深め、記憶するといわれています。逆に「嫌いだ」「興味がない」といったマイナスのレッテルが貼られてしまうと、理解も思考も記憶も深まりません。興味がないものに興味をもつことは難しいです。人は接点が多いものほど、好意や興味をもちます。興味のない中でも、少しでも興味をもつものを見つけ、そこから興味を広げていくと、少しずつ嫌いな気持ちがなくなっていきます。 勉強が得意なお子さまは総じて、いろいろなことに興味をもっています。勉強もやらなければならないものとして捕らえず、興味をもって勉強しています。 ある年齢に達すると勉強に限らず「ああしなさい、こうしなさい」と指示されることを嫌がります。小学生のうちから「自分で決めること」の環境を与えることも「自主性」「主体性」をもたせるために大切です。そうすることで、お子さまは「自分で決めたことは自分で達成したい」と考え、「自分でやる」ことを喜びとするようになります。「自主性」や「主体性」をもったときに、心理的に嬉しいと感じます。この仕組みをうまく育てていき、経験を積むことで、「自分の頭で考える機会」が増えます。 お子さまたちに「自主性」「主体性」をもってもらうための具体的な言葉がけとしては、「勉強しなさい」→「勉強って、こういうところはおもしろいね、楽しいね」「お母さん(親)の言うとおりにしなさい」→「あなたはどう思う?」と今までと言葉を換えてみてください。ポイントはお子さまが自分の頭で考える言葉かけをすることです。「わたしはこう思う」とお子さまが言うのは、立派な意見です。意見を言うことが、「自主性」「主体性」をもつことにつながります。自分の意見をきちんと言うコミュニケーションの能力の高い人材は、勉強や学校生活ではもちろん、社会でも活躍しています。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1606号 内申点で高校が決まる!

中学生のみなさん内申点というものがどんなものか知っていますか?学校の先生は、 授業態度 知識の習得度 技術の定着度などを日々チェックしています。それらを総合的に数値に表したものが内申点です。各教科、各学期に5段階評価で表され、一番良い評価が5になります。(地域によっても異なります)9教科すべてにおいて評価されるので、満点の場合で45になります。 この内申点が非常に重要であるのは、内申点をもとに受験する高校が決まるからです。私立高校では、内申点の最低基準を明確に決めている高校もあります。その基準に満たない場合、高校に合格するのは難しいでしょう。(まれに中学高校連絡会議で、あと少しで届かなかったという子の救済が行われることがあります)内申点を上げるには、主に3つの視点が必要です。 1つ目は、普段の授業態度です。具体的には 授業中の積極性 挙手の回数 単元テストの正答率があります。これらを良くするには、hakken.の授業で常に先取り学習をし、学校の授業に余裕を持って聞くことです。これにはhakken.の授業で20枚のプリント枚数の達成と、宿題の100点達成を続けることが必要です。 2つ目は、提出物です。期限までに出すのはもちろんですが、 やり忘れているところはないか 採点していないところはないか必ずチェックが必要です。抜けているところがあれば、再提出になる場合がありますが、その場合も必ず提出をしてください。再提出になっているにもかかわらず提出していないと、やっていないことと同じ扱いになる学校もあります。 3つ目は、定期テストでの点数です。学校のワークをテストまでに3回チェックできるようにしておきましょう。テストの8割以上はhakken.の問題と学校のワークの問題と同じか、類題が出題されています。ワークのどの問題が出ても大丈夫なように、間違えた問題はできるようになるまで繰り返し学習し、テストまでにはすべての問題が解けるようにしましょう。各学年ともに、1学期または前期は、1年の内申点を占う、非常に重要な期間です。ぜひ、教室で学んだことを生かし、満足いく結果を残してください。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1605号 ゴールデンウィークは遊んで平気?

新学年になって早1ヶ月が過ぎようとしています。新しい環境には慣れましたでしょうか。 もうすぐゴールデンウィークがあります。どこかへ出かけたり、友達とたくさん遊んだりできますね。そして、ゴールデンウィーク後に、ほとんどの学校で定期テストがあります。特に中学1年生のみなさんは、初めての定期テストですね。 テスト前のゴールデンウィークをどう過ごすかで、今回のテストの結果は大きく変わります。ですが、「休みの間に勉強をたくさんしよう!」ということではありません。休みの日に本当にただ休んでいるだけだと、脳の活動は鈍くなっていきます。脳は体と同じで適度な休息が必要です。ですが、必要以上の休息は逆効果になります。長い休みの後、久しぶりにクラブ活動をすると体がなまっています。ダイエットをしていても、数日間サボってしまうと、もとに戻ってしまいます。脳も体と同じで、使わないと衰えていきます。 だからといって勉強ばっかりしなさいとは言いません。自分をコントロールすることにチャレンジしてみましょう。具体的には、 「朝、決まった時間に起きる」 「毎日、勉強する時間を作る」など自分の行動を管理して、脳を活動させる時間を意図的に作ることです。自分の気持ちや感情に流されて行動するのではなく、メリハリをつけて行動してください。いつもより遅くに起きたり、ダラダラしたり、遊んだり、昼寝をしてもOKです。しかし、それをいつまでするのかを決めて、その後は勉強もしてください。 家でなかなか集中できないときは「30分学習」がお勧めです。30分1教科、10分休憩を1セットとして、まずは1セットから取り組んでください。できるようなら2セット、3セットと増やしてみてください。1セットの時間を増やしても減らしてもOKです。まずは少しの時間でもやってみましょう。勉強しない状態から、勉強を始めることは大変です。たとえ5分、10分でも習慣的に学習ができるようになれば、時間を延ばすことは、これまでよりも楽にできます。図書館などに行って環境を変えて、勉強することもお勧めです。自分が集中しやすいように工夫をしてみましょう。 自分をコントロールできるのと、できないのでは、学校の休みが長くなるほど大きな差がでます。長い休みの間、頭を休ませ過ぎると、ゴールデンウィーク明けの授業では頭の回転がいつもより遅く、学習量も理解力も落ちます。そして、いつもの学習量、理解力に戻るのに時間がかかり、脳がしっかり回転し始めるころにはもうテストが始まってしまいます。それでは結果として思うような点数は取りにくくなります。 このゴールデンウィークはぜひ、1日にひとつでも自分の決めたことを計画どおりに実行してみてください。それが自分をコントロールすることの第一歩です。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1604号 中学生はここが違う!

早いもので、今年度も終わりです。6年生は数週間後に小学生から、中学生へと変わります。中学生になると、たくさんのことが変わります。勉強が難しく、部活動が厳しくなり、また学校の帰りが遅くなるなどたくさんのことが変わります。中学生になるとそれまでになかった責任と自立した行動が求められます。この変化はみなさんが想像している以上のものだと思います。勉強では、小学校と中学校ではテストの形式が大きく違います。小学校では ①一つの単元が終わったごとにテストを行います。 ②学校の先生は、大事なことを繰り返し授業で言ってくれます。 ③宿題をやっているか細かくチェックしてくれます。それに対し、中学校では年に定期テストは4~5回しかありません。 ①三つくらいの単元を一度に、しかも5教科もしくは9教科を同時にテストします。 ②授業で習わなかった教科書の細かいところや応用問題も、当たり前のように出題されます。 ③宿題やワークも毎日出るのではなく、テストが終わった後にまとめて提出します。基本的にはすべて自分でペースを決めて学習を進めていく必要があります。 小学校のときのように、宿題をこなしているだけでは、良い点を取ることはできません。小学校のときはいつも100点ばかりだったのが、中学校になって50点しか取れなくなることはよくあります。中学校で平均点以上を取るためには、自分から率先して学習に取り組み、計画を立てて学習することがより求められます。具体的には、学校のワーク・問題集を学校の授業が進むたびに家で練習します。テスト前には、すべての問題をできるようになるまで繰り返し学習することが必要です。どこまでできるかで、中学校の成績はほぼ決まります。 hakken.では、常に先取り学習をしています。学校の授業がより分かりやすくなるため、そしてテスト前にテスト対策の復習を行うためです。また、日々の学習でつまずいた問題をできるまで繰り返し学習しています。これにより、作業力、暗記力、定着力などの力が付いていきますテスト後には、一人ひとり面談をし、日々の学習方法などについてアドバイスしています。家庭学習の見直しを一緒に行い、自分で考え、自立した行動を取ることができるよう、サポートしています。 充実した中学校生活を送れるよう、今から準備をしていきましょう。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1603号 高校受験は内申点で決まる!

内申点は、高校受験には重要な要素です。前期選抜や学校推薦(私立高校を含む)などの入試では、内申点が基準となることがあります。志望校合格を目指す大前提として、「内申点」が重要な役割をします。 「内申点」を上げるにはどうした良いのでしょうか。・ 提出物を必ず期日までに出すこと・ 授業に積極的に参加し、授業態度が良いこと・ 定期テストで点数がとれること 主にこの3つがしっかりできていれば、ある程度の成績がとれます。そして、この3つができるお子さまには3つの共通点があります。①自分にとって必要な情報を収集し、処理することができる②どんな時でも、自分を律することができる③学習習慣が身についている ① 小学生や中学生のレベルでいうと、配布されるプリントはいつまでにして、いつ提出するのかを自分で行うことができることです。 ② hakken.でも意識している「セルフコントロール力」です。周りにも流されず、自分を律することのできるお子さまは、冷静に物事を進められます。このようになるには、時間を決めて実行する習慣をつけることでできるようになります。例えば、朝起きる時間、食事の時間、寝る時間などを決めることもそのひとつです。 ③ 学習習慣が身についていないお子さまには、まず1日10分の学習から始めてください。そして、ご家族のみなさんと机に向かう機会づくりから始めてみてください。 すでに学習習慣が身についているお子さまは、学年が上がるごとに勉強の仕方を工夫したり、学習時間を延ばしたりすることが必要です。 高校受験の合否に直結してくる内申点。入試までに試験に対応できる「力」を身に付け、同時に普段の成績UPを意識して毎日を過ごすことが大切です。その普段の成績UPには、毎日過ごす規則正しい習慣づくりが必要です。 一度、自分の日ごろの行動を振り返って見直してみてください。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1602号 中学校の授業

中学校では、学校の授業時間が長くなります。授業の進度は小学校と比べてとても速く、学習する内容も小学校に比べてより深くなり、難しくなります。小学校での学習内容がしっかりとできていないと、中学校に進学した時に「わからないこと」が出てきます。この「わからないこと」をそのままにすると、不得意科目ができてしまいます。 「わからないこと」ができる前に対策をしておけば、比較的スムーズに学習を進められることができます。それがhakken.の先取り学習です。夏休み、冬休み、春休みといった期間にhakken.が、特別学習へのご参加をお願いするのもここに理由があります。 ご家庭でも中学生になる前に意識してほしいことがあります。それはお子さまが「自分で考える習慣づけ」を意識することです。 中学校へ入ると自分で理解した情報の中から情報を処理し、必要に応じて編集できる力が必要になってきます。言葉で表現すると難しく思いますが、訓練を日々意識して行動することをしていけば、精神的な成長とともに身についていきます。大事なのはお子さまの「考えて行動する」機会を増やすことです。 人間には「自分を守りたい」といった気持ちがあります。小さな子どもだと、さらにその気持ちは強くなります。「何でこんなこともできないの」と言われて耳をふさぐ。テストでいい成績をとるように言われて「私には無理」と思うのも当たり前の反応です。例えば子どもが小さな失敗をした時、「お母さんも同じ失敗をしたことがあって、その時はこうしたの」と親が自らの体験を話し、「○○ちゃんなら、もっといい考えが浮かぶんじゃないかな」などと対応すると、子どもが自ら考える機会を得ることができます。 そして、子どもから「○○してみる」と返事が返ってきたら、「すごいね、応援するね」と褒め、フォローしてあげてください。そうすると子どもは、失敗しても、チャレンジしようと思えるようになります。考えて行動する → 結果、失敗に終わった →考えて行動する → 結果が出るというような形になり、良い方向へ向かっていきます。このような環境作りができれば、中学校へ行っても急激な環境の変化にも順応できる力が身についていきます。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1610号 英語はいつから始めますか?

小学校の保護者の方から一番多く聞かれることのひとつに、「英語の学習はいつから始めたらよろしいでしょうか」 というものがあります。 国際化が進み、 外国がますます身近に感じられるようになっています。英語を基本とした外国語の習得が、かつてないほど重要になっています。英語を習得しないことには、高校や大学には進学することは難しくなりました。英語のみの大学受験はありますが、英語が受験科目にない大学はほとんどありません。社会に出るにあたっても、英語は重要な判断材料になっている企業が多くなってきています。そして、外国の方と接する機会が増えるので、 英語を使えるようにしておくと、人生がより豊かになります。 色々な見解があるかと思いますが、英語の学習はいつからということではなく、なるべく早く始めることをお勧めします。その理由には3つあります。① 言語の習得は時間がかかるものなので、地道に学習する必要があります。 言語を身につけることは、スポーツの技術を体得することに似ています。 日々、意識的にトレーニングを積まなければ、本当の学力はつきません。  ②英語は単語を始めとして覚えることが多く、スタートが早いとそれだけスムーズに学習できます。  英語は積み上げの教科です。学習が一つ滞ると、次の学習がまるで分からなくなります。  早めに、英語の土台作りを固めていくことが重要です。  ③ 早くから世界を意識することによって、興味関心が広がります。  小さいときからたくさんの世界を知ることで、それだけ将来の可能性を増やせます。  また英語の学習を通して、いろんな角度から物事を見る訓練をすることができます。 hakken.は英語教育に自信を持っています。発音だけではなく、単語はすらすら完璧に書けるようになるまで練習します。文法はまず基本文の理解を徹底し、関連する練習問題を解きます。いずれも無意識に答えが出せるくらいまで、繰り返し学習することにポイントがあります。英語ができるようになると、大きく世界が広がります。hakken.の英語学習は、そのご期待に充分お応えできるものです。ぜひ、早めの受講をご検討ください。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1601号 夢を叶えよう!

2015年もhakken.は多くのお子さまに出会いました。たくさんの方から、「成績が伸びた」「自信がついた」という喜びの声を耳にいたしました。「もっと早くから始めていたら良かった」という嬉しい言葉もいただきました。ありがとうございます。 2016年もたくさんの方に喜んでいただけるように、指導法、教材、カリキュラムをさらに磨き上げていきたいと考えています。 hakken.が大事にしている能力は作業力、暗記力、定着力、セルフコントロール力の4つです。この4つの能力と成績には、高い相関関係があると考えています。この4つを鍛えることで、成績を伸ばすことが可能だと考えています。そして、hakken.の最大の特徴は、これらの力が普段の学習の中で身につくことです。 この4つの能力は、学習の状況や、現在の学力、次のテストでどのくらいの点数がとれそうかを判断する先行指標にもなっています。そのため、学習計画はテストの結果だけを見て判断するのではなく、毎回の学習内容を見て、お子さま一人ひとりの状況を4つの基準から判断し、その都度見直しています。 作業力、暗記力、定着力、セルフコントロール力の4つの客観的な指標があることが、hakken.の強みだと考えています。 本屋さんに行けば、教育や子育てについての本がたくさん出ています。ただ、東大へ子どもを入学させた方の本、子育てで成功した方の本など、個人の経験則に基づいた本が多いように思います。もちろん、それらの内容も大いに参考になります。場合によっては、自分の子どもにぴったり合う場合もあります。 しかし、その子にとってどういう教育がいいかは、その子の性格や能力、環境によっても変わるものでもあります。hakken.はある先生がうまくいったやり方など、個人の経験則だけでは指導はしません。 お子さま一人ひとりに合わせて、学習内容はもちろん、指導方法、声のかけ方も変えています。 hakken.の経営理念は「自らの夢をかなえることで、社会に貢献できる人材育成を目指します」です。少しでも多くのお子さまが自分の可能性を感じ、将来、自分の好きなことを仕事にして、その仕事を通して社会貢献ができるようにしていきたいと考えております。 2016年も、hakken.をどうぞよろしくお願い申し上げます。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1512号 テストを振り返ろう

小学生も中学生も学校のテストが返ってきたら、テストを振り返ってください。ケアレスミスはしていないか。わからない問題はなかったか。時間はたりていたか。まずはこの3つの観点で振り返ってください。そして、ケアレスミスをしている場合は、問題を解き直して、やり直しをします。わからない問題があれば、塾や学校の先生に聞いてください。時間がたりずに問題を解くことができなかった場合は、日頃から早く問題に取り組む訓練をしていきます。 次に、テスト勉強に「どのように取り組んだか」を振り返ります。これができるかどうかで次のテスト結果は大きく変わります。テストまでの取り組み方に問題がなかったか振り返って下さい。テスト期間までにワークを終わらせたか、繰り返し学習に取り組めたかなど、「どのように取り組んだのか」と自分の行動を振り返ります。そうすれば「どのように取り組めばよかったのか」という気付きが生まれます。「次はどのように取り組むべきか」と自分で考える機会を持つことが大切です。 勉強が得意なお子さまとそうでないお子さまの違いは、振り返り方にも大きく差が出ます。勉強が得意なお子さまは、テストまでの取り組み方について具体的に振り返ります。得意でないお子さまは、テスト当日のこと(ミスが多かった、時間がたりなかった)だけを振り返り、もっと勉強する、ミスに気をつけるなど、あいまいな振り返りになります。 小学生ではひとりで振り返りをすることは少し難しいと思います。お家の方の協力が必要です。誤解があってはいけないですが、テストなのでもちろん結果は大切です。ですが、点数についてあまり言い過ぎるのは控えてください。テストの振り返りをご一緒にしていただくときは、怒ったり、叱ったりせず、できたことをしっかりと認めてあげてください。そして、できなかったことについては、感情を込めず、淡々と指摘して、次はどうしたらいいかアドバイスをしてあげてください。そして、次はどうするのか、具体的な行動目標を自分で決めさせてください。 小学生の内から「自分で決める」機会を与えることは自主性につながります。そうすることで、子どもは「自分で決めたことは自分で達成したい」と考え「自分でやる」ことを喜びとするようになります。この機会をうまく育てていくことで子どものが「自分の頭で考える機会」が増えます。 テストを受けるごとに、テストまで取り組み方をどれだけ具体的に振り返りをして、次の取り組みをどのように変えていくかを決めます。そうするとテスト勉強の仕方がどんどん上手にできるようになっていきます。自分の行動を具体的に振り返り、次の行動目標を決めていきましょう。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1510号 小学生からはじめる英語学習

スイミングやピアノなどのおけいこ事は、始める時期が早いほど上達も早くなります。学習においてもお子さまのスタートが早ければ早いほど、能力は開発され可能性は広がります。 人間の脳は穴のあいたバケツによく例えられます。水(知識)を入れれば入れた分だけ溜まります。しかし、バケツには穴があいているので、何か手を施さないとその穴から水(知識)はどんどん漏れていきます。穴の大きさはお子さまによって違います。また、バケツの大きさも大きいお子さまもいれば、そうでないお子さまもいますし、水の量を短時間にたくさん入れられる子もいれば、そうでない子もいます。 より早い時期に その穴を小さくしていき(定着力をよくする) バケツを大きく(暗記力をよくする) そしてたくさんの水を入れることができる(作業力をよくする)ようにしていくことが私たちhakken.の役目だと思っています。 hakken.で早めに英語学習を始めれば、お子さまの「定着力」「暗記力」「作業力」を伸ばし鍛えることができ、確かな学力を身につけることができます。また、中学生のように学校の進度に左右されることなく、先取り学習や復習もお子さまのペースで学ぶことができ、十分に理解を深められます。 一方で言語の習得は、自分の言葉で順序立てて考え、論理的に話す力も必要です。普段から親子でたくさん会話し、お子さまの言葉への感性を養ってください。それが言語の上達に役立つことがあります。例えば、一緒に英語の絵本を読み、英語の音楽やDVDを見て一緒に楽しむのはいかがでしょうか。そうすることでお子さまの英語への興味が深まり、お子さま自身も英語を好きになるきっかけにつながります。 英語においては、小学校の英語授業が必修になり、中学・高校・大学・社会へ出ても、お子さまが英語に触れる機会が増えています。 小学生から英語の先取り学習をすることで、知識をより深めることもできます。そして英語が得意になることで、先を見据えた将来設計も立てやすく、人生の選択肢も増えます。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1509号 秋のテストは点数が下がる!?

もうすぐ夏休みが終わり、学校が始まります。秋になると、学校では体育祭や、文化祭があります。部活動も3年生が抜け、1、2年生は、これまでより忙しくなってくる時期です。3年生は、いよいよ受験に向けて学習を本格化する時期です。学校行事の忙しくなる秋ですが、学校の授業の進度も一気に速くなります。どれだけ速くなるか、昨年のある中学校のテスト範囲で比較してみましょう。 昨年11月後半のテストで出題された各学年の数学の範囲は ・中1 → 平面図形の概要まで ・中2 → 図形の角度まで ・中3 → 相似の概念まで 今年6月のテストで出題された各学年の数学の範囲は ・中1 → 文字式の途中まで ・中2 → 式の計算まで ・中3 → 平方根の途中まで 数学はどの学年も、「計算→方程式→関数→図形」の順番に進んでいきます。6月の時点ではまだ計算の分野だった範囲が、11月には方程式や関数も終えて、図形まで差し掛かることになります。この9月から11月の3カ月の間に、一年間の範囲の半分以上を学習することになります。 このスピードに加え、方程式の文章問題やグラフの問題などは、計算の範囲よりも難しく習得に時間がかかります。もちろん、英語など他の教科も同様に内容が難しくなります。今までと同じ時間、同じ学習方法だと、確実にテストの点数は下がります。そのため、秋の定期テストの平均点は下がる傾向にあります。 秋の定期テストで点数を下げないために、ぜひ取り組んでほしいことがあります。hakken.では授業で学校の予習を行い、テスト前にはテスト対策の時間をじっくり取ります。そのために、みなさんには次のことを意識して学習をしてください。   ① hakken.の宿題で100点を取る  ② 一度学習した内容(付箋紙まで)は赤マルを取る  ③ プリントの枚数を意識して、前回以上の学習枚数を目指す この3つを続けていけば、学習の指標でもあり、hakken.が大切にしている作業力、暗記力、定着力、セルフコントロール力がつきやすくなり、学習の成果が出やすくなります。もちろん、家庭で学習するときも同様に意識することで、学習の成果が出やすくなります。意識を変えることで、行動は変わります。行動が変われば結果が変わります。毎年、平均点が下がるこの時期でも、学習するときの意識を変えることで、テストの点を上げ、自信をつけるお子さまがたくさんいます。 さあ、あなたも今日から実践してみましょう。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1508号 夏休みは学力が低下する!?

もうすぐ夏休みです。夏休みは、約40日間もあるとても長い休暇です。しっかりこの夏を満喫してください。楽しい夏休みですが、勉強もおろそかにしてはいけません。学校が休みだからといって、勉強も休みにしてはいけません。この夏休みにしっかり勉強をしておかないと、秋からの学習にとっても影響します。 なぜなら夏休みは学力が低下する要因がたくさんあるからです。一つ目の要因は、学習時間の減少です。夏休み前までに上がった教科の成績は、毎日通学して、規則正しい生活の中で、学校と家庭学習、そして塾での学習時間の結果です。しかし、夏休みは学習時間の過半数以上を占める学校での学習時間が‘0’になります。そのため、夏休みなどの長期休み明けの学力は、休み前よりも低下していることがよくあります。学力は筋力と同じで、使わないとどんどん低下していきます。春に学習した内容ができたからといって、秋に学習する内容が勉強しないでできるということはありえません。 二つ目の要因は、生活リズムを崩し、脳の機能が低下することです。お休みモードになった頭を、もう一度勉強モードに切り変えるには時間がかかります。そのため、秋以降の勉強の内容が頭に入りにくくなり、これまで学習した内容も思い出すのにも時間がかかるなど、結果的に学力が低下していきます。 これらは夏休みだけでなく、1週間程度の休みでも同様のことは起こります。この前のゴールデンウィークを振り返ってみてください。休みの後、「テストがよくなかった」、「勉強がはかどらなかった」などはありませんでしたか。もしそうならこの夏休みも要注意です。 休みといえども、生活リズムを普段と同じように保つことはとても重要です。規則正しい生活が学力UPにつながるといっても過言ではありません。毎日勉強する習慣をこの夏休みにつけておきましょう。 文部科学省が2014年3月に発表したデータでもテストで高得点を取っている子の共通点を調べたところ ○幼いころから読み聞かせをしていた ○新聞や本を読むように働きかけている ○毎朝、しっかり朝食を取っている ○規則正しい生活をしているの4つがあったそうです。 hakken.は、生活リズムを整え、家庭学習の習慣をつけることを推進しています。家で勉強が自主的にできることによって、hakken.で学んだことが何倍にも活かされます。ご家族の方もお子さまが家で勉強ができる環境作りに、ご協力をお願いします。また、教室での自習も随時承っております。どんどん自習に来て塾を活用してください。 hakken.では、お子さまたちが夏休みの期間中も勉強をサポートするために、hakken.の夏期講習もご用意しています。ぜひご活用ください。
続きを読む
kyoshitsudayori.jpg

教室便り1507号 志望校の合格ラインを知ってますか?

みなさんにはそれぞれ得意な教科と苦手な教科があると思います。得意な教科は、あなたの武器です。あなたの夢は何ですか。将来就きたい職業は何ですか。数学や理科が得意なあなたは理系が向いているかもしれません。機械やパソコン、薬品の研究など専門的な職業に就くことができます。国語や社会が得意なあなたは文系でしょうか。こちらも公務員や司法書士、銀行員などいろいろな職業がありますね。あなたの良いところ、得意なことをしっかり磨いておきましょう。受験や将来に、きっと役に立つでしょう。 ですが、苦手な教科を放っておくのは、よくありません。その理由に「志望校の合否」があります。苦手な教科は必ず足を引っ張ります。苦手な教科のせいで志望校に不合格になることもあります。「得意な教科でカバーすればよい」と考えているならば、甘い考えです。苦手な教科でも、合格できるラインの点数や成績をしっかり取る必要があります。高校受験は1教科がずば抜けてよくても、他の教科が悪いと合格しません。例えば1教科が90点で他の教科が50点であれば、合計は290点です。ですが、5教科で平均60点を取れる子には負けてしまいます。 高校合格には、「周りのライバルよりどれだけ高い点数を取るか」が大事になってきます。定員40名の高校に、50名が受験したとします。あなたは40番以内の成績や点数を取らなければ合格はもらえません。そのときに、もし苦手な教科があったらどうでしょうか。みんなが解ける問題を、あなただけ解けなかったらどうでしょうか。かなり不利な戦いになるでしょう。 もちろん、得意な教科はあなたの強みになります。もし苦手な教科を行きたい高校のレベルまでできるようになれば、他の子たちよりも得意な教科がある分、合格の可能性は格段に高くなります。 また公立入試問題は基礎から応用まで幅広く出題されます。高得点を取ることは難しいですが、ある程度の点数までは、基本さえしっかり押さえれば取れるようになります。難しい問題もやさしい問題も配点は同じです。難しい問題よりもやさしい問題の方が、できるようになるために必要な時間は少なくて済みます。 これまで自分が5教科にどれだけ学習時間をかけているかも見直してみましょう。苦手と思っている教科は案外他の教科と比べて、学習時間をとっていないだけかもしれません。得意教科と比べて演習量が少ないため、点数が取れていないという場合もあります。 あなたの行きたい高校のレベルをしっかり理解し、そしてあなたの苦手な教科で、どれだけ点数を取ればよいか理解することが大事です。もしわからなかったらhakken.の先生に聞いてみてください。中学生活の限られた時間の中で、どの教科に勉強時間を使うのか。意図を持って取り組むことが、合格への近道です。 もうすぐ夏休みです。この夏で、苦手教科をどれだけ克服できるかが大事です。1、2年生のあなたはこの夏がチャンスです。3年生のあなたはラストチャンス!hakken.の夏期講習に来るもよし、お家でしっかり勉強するもよし、hakken.でプロの力を借りるのもよし!ぜひこの夏をムダに過ごすことのないよう、しっかり充実した夏休みにしてください。
続きを読む
6180件目 / 全140