無料体験学習

お問合せ
資料請求

無料体験
学習

お問合せ
資料請求

会長コラム(3ページ目)

Column

pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.15 子どもを成長させるための視点

遊んでばかりで勉強しない。ゲームばかりして…スマホばかりいじっていて…部活やクラブ活動に一生懸命で…よく耳にするご父兄さまのお悩みです。お子さまを40年近く見せていただいてきて思うことは、このようなお子さまが突然、ゲームなどをしなくなり、勉強に打ち込むようになることは難しく思います。 ただ今の環境、たとえばゲームばかりやる生活の中で、少し空いた時間を勉強に向かわせることはできると思います。それは、子どもの優先順位を認め、親が一番はゲーム、二番は勉強なのだと受け入れることです。これが、実は大きな結果を生みます。お子さまはゲームを否定すると、余計におうちの方の提案を受け入れられなくなります。ゲームを毎日するという、すでに習慣化されたことや心は、すぐには変わらないことを悟っていただければ、うまくいくことが多いのです。ぜひ、一度やってみてください。ただし多くを望んでやるとうまくいきません。 まずは、今の生活環境の中で、ゲームのやり方、勉強のやり方についてお子さまとしっかりと向き合って話し合い、ゲーム、勉強の両方について、お子さま自身にルール、約束を決めてもらうことから始めてみることをお勧めします。ここでのポイントはお子さま自身にルールを決めてもらうことです。たとえゲームの時間が1日2時間で、勉強の時間が1日30分でも口出しをしてはいけません。今の生活環境の中で、1割でも勉強に傾けば、時間が経てば大きな差を生むからです。 
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.14 私は私を常に見張っています

学習初めはなかなか集中できないお子さまがおみえになります。そんなとき私たち指導者は「~くん(さん)どうしたの?」と声をかけ、お子さまが平常心になれるようお話をします。そうすると集中力が戻ってきて、最後はたくさん学習されて晴れやかな気持ちで帰って行かれます。お子さまが学習初めになかなか集中できない多くの要因は「心の乱れ」です。「心の乱れ」とは、いやな気持ちがしていたり、もやもやしていたり…ということです。その要因はいろいろとありますが、ここではhakken.に来ていただく前におうちの方々がしていただける対策に特化してお話をさせていただきます。 ① 学校から帰ってからhakken.に来ていただくまでの時間には、お子さまの心が乱れるようなお話は禁句です。 ② お子さまが愚痴などを言った場合は、できるだけ聞くだけにし、お子さまの気持ちを理解してあげてください。 ③ どうしても話をしないといけないときは、平常心でお話をしてください。 私は昔とても感情的に物事をとらえ、感情的に話をすることが多くありました。つまり、セルフコントロールができなかったのです。そうすると子どもも同じで感情的かつセルフコントロールが下手に育ちました。そんな自分がいやで、セルフコントロールができるように、自分を変えるために、本を読んだり、講習会に行ったりとやってみました。そうしたところ、やはり子どもも変わり始めました。本質はなかなか変わらないので、いつも私はセルフコントロールができるように自分を律することに力を注いでいます。自分を見張っていないと、地が出てしまうからです。いろいろな問題が起きると、「やっぱり自分に問題があるんだな」といつも痛感しています。 
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.13 子育ての基準

近年「キャリアを積む」という言葉をよく耳にします。ここで言う「キャリアを積む」とは、仕事の経験を積むということだけでなく、仕事に取り組むプロセスの中で、身につけていく技術・知識・経験に加えて、人間性を磨いていくこと、そしてプライベートも含めた自分自身の生き方を磨いていくことです。 今、ビジネス界では「ブランド・ハップスタンス」といった予期せぬ偶然の出来事から、人間性や生き方を磨いていこうとする考え方が注目を浴びています。 子育ての重要なヒントが、ここにあるように思います。小学校、中学校時代は、スポーツや勉強を得意とするお子さまが、もてはやされます。しかし社会に出れば、スポーツや学力だけがすべてではありません。では、何を基準に子どもたちを導いていけばいいのでしょうか。それがまさしく、予期せぬ偶然の出来事から、人間性や生き方を磨いていこうとするスタンスだと思います。では、このスタンスを身につけるためには、何が必要でしょうか?ブランド・ハップスタンスでは、次の5つのスキルが重要だと言っています。 1 好奇心…自分の知らないことや新しいことに積極的に参加しよう。2 持続性…失敗はつきもの。あきらめずに、コツコツ続けることが大切。3 柔軟性…こだわりは捨て、理想や現状にとらわれないこと。4 楽観生…悲観的なとらえ方はNG。ポジティブシンキングが大切。5 冒険心…「チャンスは前髪をつかめ」のごとく、失敗を恐れず前に進もう。 「子は親の背中を見て育つ」と言います。しっかりと親の背中を見てもらえるように、私たち大人が、予期せぬ偶然の出来事から、人間性や生き方を磨いていこうとするスタンスを持ちたいものです。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.12 「子どもの夢・目標」親からの提案

進路を決めるとき大人は子どもに「将来何になりたいの?」と聞きます。 しかし、子どもから明確な将来の夢や目標を聞くことは少ないです。「うちの子は、将来の夢や目標がないのです」と保護者様からお聞きすることもたびたびで、子どもに夢や目標を持たせることが非常に難しいのが現実です。 次の表は小6が将来就きたい職業ランキング(クラレ2017年実施)です。しかし学年が上がるにつれ将来就きたい職業が現実的になり、中3になると「わからない」という回答が増えます。子どもが将来就きたい職業を現実的に考え目標とするには次の3つが必要です。① 好きなこと② 得意なこと③ 求められる職業であること ①の好きなことを仕事にするのはなかなか難しい。しかし②の得意なことは好きになる可能性があります。③の求められる職業であることは、言うまでもありません。ただ子どもが得意なことを自分で見つけることは難しいため、ときには大人が提案する必要があります。 ○○君(さん)はやさしいし、面倒見がいいから、看護師さんや介護士さんが向いているかもしないね ○○君(さん)は英語が得意だし、よく気がつくから客室乗務員が向いているかもね と提案していくのです。子どもは大人からの提案の中で、将来の夢や目標を現実的に考えることが可能になっていきます。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.11 ペップトーク

ペップトーク(Pep Talk)はスポーツ選手を励ますために指導者が試合前や大事な練習の前に行う短い激励のメッセージのことを指します。興味深い記事が載っていましたのでご紹介します。家庭内で取り入れていただければ幸いです。 最近の子どもの傾向として、将来の夢がなく自分に自信がない、という声がよく聞かれます。子どもたちの自己肯定感をいかに高め、やる気にさせるか。肯定的な言葉掛け「ペップトーク」を通じて活動を行っている岩﨑由純さんに話をうかがいました。●減点評価ではなく「できたところ」を承認する「言葉」というのは、子どものやる気を引き出し、前向きな心を育てる上で、とても大きな力を持ちます。周りの大人たちがどんなふうに声掛けするかによって、その子の可能性や自己肯定感が大きく変わっていくと感じています。 これまでの日本の教育というのは、○×式の評価でした。できていない×のところにフォーカスして「ここができていない」と指摘する。人間誰だって得手不得手があります。べつに100点じゃなくてもいいのに、完璧じゃなくていいのに、減点評価される。それによって子どものやる気が続かなくなっていきます。まずは、できている部分を「できたね」と評価して、承認することが大切です。その際の声掛けも、否定質問から肯定質問へ、言葉を変えるだけで伝わり方がまるで違ってきます。たとえば、「どうしてできないの!」を「どれだけできる?」に変えてみる。「なんでわからないの!」を「どこまでわかった?」に変えてみる。 見方を変えれば、できていないところがその子にとっての「伸びしろ」なわけですから、「できてない!」と叩くのではなく、「そこを教えるよ」でいいですね。出典 ペップトークで子どもの自己肯定感を育てるhttps://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/career_education/160121
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.10 2学期期末テスト結果

テストの結果がかえってきました。この時期は各学年平均点が下がりやすく、テストの点数が下がることが多いのですが、よく頑張りました。次回テストは2月下旬にある中学校が多いと思います。毎回テスト範囲が広くなります。今回と同じ勉強の時間、やり方だとテストの点数は下がる可能性が高いです。まずは、学校で習った範囲のワークを進め、テスト前にまとめてやらなくてもいいように、やるべきことを前倒ししていきましょう。 下記は2学期 中間テストと2学期 期末テストを比較して点数がUPしたお子さまをピックアップしました。理科、社会、国語は各学年から1名ずつだけピックアップしました。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.9 「さんまVS東大生40人」から学ぶ

9月の末にあったテレビ番組の中で、「頭が良くなる生活術」として5人の東大生の日常が紹介されていました。 1人目は東大医学部でかつ今年司法試験に合格したという彼。彼の「頭が良くなる生活術」は記憶力を上げるためサバの缶詰めを食べるというものでした。ちなみに彼は1歳までに平仮名と数字を覚えていたそうです。 また、東大文化一類首席合格の彼は、記憶を定着するためにランニングをする。IQ150の彼は記憶力を高めるために…。と、いうように5人中3人が、「記憶力、定着」といった基本中の基本の能力に神経をはらっていました。 1歳までに平仮名と数字を覚えていた暗記の天才が、まだそれだけでは足らず暗記力を高めたいというのです。 それほど、学習のプロといっていい彼らが暗記力を重視しているのにはわけがあります。勉強は暗記力の上に成り立っているということです。これは、hakken.が最も大切にしていることであり、訓練で身につきやすいものです。軽視されがちな暗記力ですが、いってしまえば暗記したものをどう組み立てるかが思考力であり、知識(暗記したことがら)なくしては、学問が語れないという証拠です。 ですが、「暗記力、定着力」を訓練で身につけるのに、短期間で身につけられる方、長期間かかる方がみえるのも事実です。hakken.の通塾歴が長い方ほど、「暗記力、定着力」が身についてくる子が多くなります。これは訓練で「暗記力、定着力」身につけられるということだと考えられます。 また、「暗記力、定着力」は幼ければ幼いほど身につきやすい能力です。ぜひ、少しでも早くhakken.の学習を始められることをお勧めいたします。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.8 イヤをいっぱい言ってもらおう

hakken.の教材には、小学生・中学生ともに下記のように5段階のレベル分けがしてあります。入塾してやや易しいBからスタートするお子さま標準のCからスタートするお子さまがいるなど様々です。作業力・暗記力・定着力が上がると、レベルを上げる仕組みになっています。 そんな中、能力的には十分レベルが上げられる状態なのに、レベルを上げると途端にできなくなる子がいます。また学年が上がるにつれ、レベルを下げないとできなくなる子もいます。 学年が進むにつれ学習内容も難しくなります。中1のCレベルと中2のCレベルには当然差があり、学年が上がれば同じレベルでも難易度は上がります。そういう子がいても当然と言えば当然ですが、能力UPをしていくhakken.の生徒では当然ではなく、レベルが下がる生徒は少ないです。 レベルを下げないと学習できないお子さまの特徴のひとつは、おとなしく従順な子で自己主張をあまりしない子です。一見すると優等生のように感じますが、自分の意見がなく、自主性がない場合があり、淡々と勉強もします。ですが、ただやっているだけで主体的に取り組んでいないため、内容を理解していない場合があります。そのため、テストでは問題を解くことができません。 自分の意見をしっかり持った子、親御さんから見たら言うことを聞かない子の方が、学習の伸び率が高いです。自分の意見があり自主性があるので、やるときはしっかりやります。「うちの子はおとなしく従順かも」と思ったら「イヤ」をたくさん言わせて、なぜ「イヤ」なのかその「イヤ」の理由を聞いて、聞き入れられることは聞き入れ、聞き入れられないことはなぜ聞き入れられないかを伝えてあげてください。 1番しやすい自己主張は「イヤ」という言葉です。「イヤ」がしっかり言えるようになることで自己主張ができるようになり、自分の意思が生まれ、自主性が芽生えてきます。それでも、「イヤ」を言ってくれない子に対しては、「いつもお母さんの意見を尊重してくれてありがとう」と、言ってあげてください。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.7 徳を積む教育

仕事柄、お母さま方の相談を受けることが良くあります。 年齢別に悩みの種類が分けられるようで、20歳を過ぎたお子さまがいるお母さま方の悩みは、自立です。社会人として社会に貢献し、健全な生活を送ることをお母さま方は望んでおられます。直接お子さまとお話しさせていただくことも多く、そのお子さまには共通な特質があるように思います。 一つめは、考え方が幼く視野が狭いこと。 二つめは、他人のためとか、社会に貢献といった発想がないことです。 大方は、お母さまが悩むほど、お子さまは悪い状態でないことが多いですし、お母さまがお子さまのこの発想にびっくりされていることが多いように思います。 人は、人に望まれたり、必要とされたりして、その期待に応えられた時、自信を持ち、幸福感を得られる生き物ではないでしょうか?「人のために何かする」これが徳を積むということで、昔から「情けは人のためならず」ということわざもこの徳を積むことを言い表しています。 私は昔、我が子に「自分のために頑張って」と言い聞かせました。しかし、今となっては、その教育は間違っていたことを感じます。自分以外の「~のために頑張って」と言われたほうが、力が湧くことを後から知りました。「ありがとう」って言われると嬉しいし、自信が出ます。自信があるからまた人のために動こうとします。この良い循環を多く体験すると、人のために動くことを喜びとできるような気がします。小学生・中学生は、徳を積む教育の観点からすれば、金の卵です。ぜひ、お子さまに「ありがとう」をたくさん伝え、お子さまに自信を与え、次の行動を促してください。これが徳を積む教育の初期段階です。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.6 家庭学習はとりあえずの1歩から

『家庭学習はとりかかるまでが時間がかかる』ということをおうちの方からもお子さまからもよくお伺いします。 なかなか勉強にとりかからないお子さまにおすすめしたい方法があります。まずは、とりあえずテキストをカバンから出す。まずは、とりあえずテキストを机の上に置く。まずは、とりあえず1問だけやる。などです。とりあえず簡単なことからやることです。そうすることでそのさきの行動がスムーズになりやすいです。私もその手法をとっています。日常で作業にとりかかるのが億劫で、でもやらなくてはいけないことをやり始める時にこの方法はとても便利です。 例えば、私はお風呂掃除が苦手です。お風呂掃除のことを考えると嫌になります。手袋と洗剤を取り出すことも面倒に感じます。また今度時間がある時でいいかとつい考えてしまいますが、今度時間がある時はなかなかやってきません。 そのため、お風呂掃除をする時は、いつも手袋と洗剤を先に、洗面所の真ん中に置くようにしています。取り出しておくだけなら簡単なので、すぐにできます。そうすると実際にやる時に洗剤と手袋を出す手間がない分少し、やり始めるのが楽になります。やり始めてみれば、掃除をしていて気になるところがどんどん出てくるので、自然とお風呂掃除がすすみます。調子がいい時は、手袋と洗剤を出した時に、もう先にやってしまおうと思う時もあります。いつもではないのがお恥ずかしいですが。 夏休みもあと少しです。とくにまだ夏休みの宿題が残っているお子さまにこの手法を提案してみてください。夏休みの宿題の残りをまずは、机に出し、見える場所に置いておいてください。宿題がどこかにしまってあると、それを取り出すことさえも億劫で、また明日やればいいと先送りしがちになります。 子どもは、意見しても、叱ってもなかなか行動を変えてくれません。気長に、気長に『とりあえずの1歩から』始めてみましょう。普段の学習では学校から帰ってきたら、とりあえず今日学習しようと思うものを一つだけ机(できればリビングのテーブルがいいと思います)の上に出す。そして、出せたら軽く褒める。それでもなかなかとりかからなかったら『ごはんの前にとりあえず少しだけやろう』と声かけをする。そして軽く褒める。(褒め言葉は具体的に)1問以上できたらオーバーなぐらいに褒める。大人が思っている以上に効果があるはずです。子どもが変わる時、成長する時、この夏休みがそうであるように、トライしてみてください。お子さま自身もいつかはやらなくてはと思っているでしょうし、大人が諦めなかったらやってくれるはずです。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.5 2017年1学期期末テスト結果

2016年1月から12月入会の生徒さんの3月の学年末テストの成績UP率は93.8%でした。学習塾としては、かなり高い数字ですが、6.2%のお子さまは成績を上げられなかったということになります。今年もhakken.は、成績UP率100%を目指していきます。 以下は、6月に実施された期末テストの結果です。今回のテストでは2回連続で数学が100点の中2生のお子さまがいらっしゃいました。また、テスト対策を受講して点数が上がったお子さま、6月から受講教科を増やして点数が上がったお子さまもおり、短期間で成績が上がったお子さまが多数いらっしゃいました。みんなよく頑張りました。他にも多数ご紹介したいお子さまがいらっしゃいますが、中2、中3生の中から前回のテストと比較して点数が良かった、または上がったお子さまを各教科1名ずつピックアップして掲載させていただきます。 中2Aさん 数学  77点 →   数学 100点  23点UP!!中3Bさん 数学  53点 → 数学  77点  24点UP!!中2Cくん 英語  11点 → 英語  53点  42点UP!!中3Dくん 英語  82点 → 英語  92点  10点UP!!中2Eくん 国語  49点 → 国語  69点  20点UP!!中3Fくん 国語  40点 → 国語  70点  30点UP!!中2Gくん 理科  52点 → 英語  86点  34点UP!!中3Hさん 理科  48点 →  理科  78点  30点UP!!中2Iさん 社会  25点 →  社会  42点  17点UP!!中3Jさん 社会  48点 →  社会  93点  45点UP!! 成績UPの決め手は① 教室を休まないこと② 遅刻をしないこと③ 80分で20枚以上学習すること④ 宿題をちゃんと(必要な時は途中式をきちっと書く)やること おすすめ 次の日に学習しよう=定着が良くなります。⑤ 自分が何回の復習をしなければいけないか把握すること4回以上復習が必要な子は要注意!!特に、英単語などの暗記するものは2回目で赤丸をとろう おすすめ 間違った英単語などの暗記物はテキストに印をつけて帰ろうそして・・・復習をしよう。⑥ 習っていない教科はテスト対策受講がおすすめです⑦ そして・・・家庭学習の時間を多くすることです。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.4 伸びる子の特徴

三重、岐阜県内で教室を運営させていただいているhakken.ですが、中間・期末テストの内容を見る限り、地域や各学校によってテストの難易度にかなりの差があります。そこで偏差値や平均点というものがあります。ですが、校内だけの偏差値で判断するのは難しいですし、成績の二分化も進みつつあるため、平均点ではお子さまの成績が計り知れなくなってきています。 つまり同じ点でも出来、不出来がわかりづらく、お子さまの成績はテストの良し悪しだけでは判断できないのが現状です。 テスト後、あるお子さまが、結果が良くないと落ち込み、急にやる気をなくされていました。そのお子さまに以前の点数を伝え(前回のテストの点はおぼろげで、しっかりと把握されてなかったため)前回よりも点数は良くなっていること、テストの中身を前回の中身と比べると難しい問題が取れており、基本的な問題での失点が少なくなっていることをお伝えしました。 テストの分析をし、前回と今回を比較してあげたことにより、自分の成長が実感できたようです。面談後の学習は一変して良くなりました。 成績が伸びるお子さまの特徴は、自分の現状をしっかりと把握できており,以前と比べ今の成長を自分で実感し、点数だけを見て一喜一憂せず、テストの振り返りを自分でできることです。 しかし、多くのお子さまは自分で実感できず、なかなか自己分析もできません。私たち大人の役割は、お子さまの現状を把握し、お子さまの成長をお子さまに伝えていくことです。課題は次に向けて、解決策を考える必要があります。点数だけを見て、叱咤は、逆効果です。負の感情はお子さまを不安にし、自信をなくさせるばかりです。前回より良かったこと、悪かったこと、次に向けてどう改善していくかを感情的にならずに、話し合うことでお子さまは成長していきます。 私たち大人は、お子さまを伸ばすことを1番にできる環境づくりを常に心がけたいと考えています。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.3 明確な目標を持たせよう!!

hakken.では、学習を始める前に将来の夢や学習目標を書いています。なぜ、目標が必要か?それは、人間は心を持つ動物だからです。同じ学習時間同じ学習内容同じ能力でも、お子さまによって習熟度がまったく違うのは、目標を持って学習しているか否かが大きく影響します。 次のテストで、必ず90点以上とる。必ず地域1番校に入りたい。など目標を持つと、不思議と行動が変わります。『あっ!!この問題、前やったのに忘れてる』このように思って学習するだけで、脳は『次は忘れまい』と指令を出すのです。これだけ聞くと、それはそうだよね。と思っていただけるはずです。この思いこそが、学習効果を格段違うものに導くのです。 また、工夫も生まれます。今回のテストでは目標点がとれなかったとしても、目標を持っていれば『何がいけなかったんだろう』と考えます。そうすればおのずと学習に工夫が生まれ、次は必ず、目標点をとろうと意識が働きます。 では、どうすればお子さまは、目標が持てるのでしょうか。極論を言えば、自分で目標を見つけていくのではなく、お家の方が目標を持たせます。 たとえばあなたは優しいから看護師さんに向いてるね。それならば、○○高校に入れば、看護師さんになりやすいね。そのためには、テスト5教科で400点は、必要だね。今300点だから、まずは今度のテストで、320点狙っていこうか。そのためにどうする?というふうに明日からの行動につなげていくことです。 ポイントは高い目標や計画を立てないこと。計画が続かなかったら途中で計画を見直すこと。うまくできなくても叱らないこと。そして、お子さまが家族に持っている不満を解消するような約束をしてあげましょう。たとえば、『すぐ怒るからいや』だとお子さまが思っているなら、~について怒らないという約束をするなどです。まずは3ヶ月やってみて下さい。お子さまは確実に変わっていかれます。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.2 家庭学習は時間を計って行おう

家庭学習で成績を上げるためには、集中して学習することが不可欠です。家庭学習の効果が出ないお子さまは、家庭学習が作業になっていることが往々にしてあります。頭を使わずに漢字を羅列する。教科書を写す。問題集を学習しても間違った問題、わからなかった問題は、ただ答えを見て書き写す、といった家庭学習になっていないでしょうか。 本来は100点が取れるまで覚えて、自分でテストすることが必要です。間違ったり、わからなかったりした問題は、なぜこうなるかの説明ができるまで学習することが必要です。 家庭学習が作業のみになりがちなお子さまは、だらだらと時間を掛けて学習しているという特徴があります。 そこで家庭学習を始める前に、何分でするかの時間目標を立てます。そうすればだらだら学習はなくなり、集中することを覚えます。結果、頭を使った学習が容易になっていきます。時間を計って学習することのメリットはまだあります。お子さま自身が自分の力量がわかり、テストの時間配分をうまくできたり、何よりも作業力が付いてきます。 ですが、それでも集中できないお子さまもいらしゃるかと思います。その場合は、自分の部屋でお勉強をしないで、お家の方の目が届くリビングやダイニングで、学習することをお勧めします。それでもうまくいかない場合は、小学校高学年であろうと、中学生であろうとお家の方の目の前で、学習させることが必要です。 学習習慣は、お子さま一人では身につかないものなのです。まずは、3ヶ月やってみて下さい。お子さまは、きっと変わっていくはずです。
続きを読む
pencil.jpg

会長増田好子のコラムVOL.1 感謝の気持ちが視野を広げる‼

わたくしの周りに、 『ありがとう』  をとても上手に伝えてくださる方がおみえになります。その方にお伺いしたら、 私も教えていただいたことですが、 人に何かしていただいたり、 頂き物をしたら、3回は感謝の気持ちを伝えるようにしています。 1回目は、その場で 2回目は、次にお会いした時や電話でお話しするときに そして、3回目は、その話題が出た時です。 そうすることで、相手に対する感謝の気持ちを忘れずにいることができるからです。 また『ありがとう』をきちんとお伝えすることで、 相手の方も喜んでくださいますし、 よりコミュニケーションをうまく取れるようになりました。 と、教えてくださいました。 相手の方から何かしていただくということは、 その方の労力と時間と想いをかけていただいていることで、 よく考えればそれはもう大変な貴重なものをいただいているわけです。『ありがとう』 を何度伝えても伝えきれないということでしょう。その方は、日に日に優しさが増し、吸収力が増しているように見えます。感謝の気持ちがあるからこそ、人から教えてもらったことは貴重だとする想い、わからないことは教えていただこうとする姿勢、感謝があるからこその余裕、とても素敵なお母さんです。  お子さまにも、  『ありがとう』  を上手に使われ、  おうちの中では、 『親しき中にも礼儀あり』  を実践され、良い緊張感がおうちの中にあるようにお見受けいたします。『ありがとう』 をお子さまに伝えることで、子どもも確実に変化します。お子さまの自信が育ち、笑顔があふれる対処法の基本です。ぜひ実践してください。 
続きを読む
4155件目 / 全55